NEWS

カフェイン中毒で国内初の死亡者 エナジードリンクを大量摂取

2015年12月21日 15時05分 JST | 更新 2015年12月21日 15時05分 JST
Ashinari

九州地方で2015年、眠気覚ましをうたうエナジードリンクを頻繁に飲んでいた20代男性がカフェイン中毒で死亡していたことが、福岡大法医学教室の分析で12月21日までに分かった。共同通信などが報じた。

厚労省では「国内でのカフェイン中毒死は聞いたことがない」としており、常用での中毒による死亡は国内初の報告例とみられるという。サンケイビズによると、亡くなった男性はガソリンスタンドの深夜勤務の仕事をしており、エナジードリンクを大量に飲んでいた。

男性は24時間営業のガソリンスタンドで深夜から早朝の勤務。帰宅後は夕方まで起きていて、その後に寝て出勤する毎日だった。

エナジードリンクと呼ばれるカフェイン入り飲料を多用し、死亡する約1年前から体調不良を訴え、吐いて寝込むことを数回繰り返した。

カフェイン中毒症状とみられ、死亡当日も帰宅後に吐いて寝込んでいた。数時間後に家族が気付き、救急搬送したが手遅れだった。飲んだ量がどれくらいかは不明。

「聞いたことがない…」20代男性カフェイン中毒死 エナジードリンク多用- SankeiBiz(サンケイビズ) 2015/12/21 11:42)

■カフェインとは

日本コーヒー協会などによると、カフェインはアルカロイドという化合物の仲間。コーヒー、お茶、コーラなどに含まれている。一方で習慣作用もあり、過量に摂取すると、集中力がなくなり、不眠、不安感、耳鳴りなどが生じることもある。

カフェインの多量摂取による中毒で、アメリカでは十数件の死亡例が報告されているほか、日本でも心臓麻痺や不整脈で致死状態になった例があった

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

長生きするために食べておきたい17の食材