Huffpost Japan

クラゲと泳ぐ湖、揺らめくオーロラ......ナショジオが選ぶ2015年のベストショット(画像)

投稿日: 更新:
印刷

息をのむほど素晴らしい地球の写真を、ウェブサイトで公開しているナショナル・ジオグラフィック。

南極の氷の世界から、ペルシャ湾に浮かぶ幻想的な島まで、地球という惑星が美しく謎に満ちていることを世界中から届いた写真は気付かせてくれる。

その中から、ナショナル・ジオグラフィックは2015年のベストショットを選んだ。専属カメラマンが撮影した写真もあれば、写真コミュニティ「ユアショット(Your Shot)」に投稿された写真もある。

そのうちの数枚をご紹介しよう。

  • Clinton Berry/National Geographic Your Shot

    ユアショットのメンバー、クリントン・ベリー氏が、南極のケーシー基地から10kmほどの地点で撮影した写真。海氷をGoProで撮影中に捉えた瞬間だ。「ペンギンたちの動きを何週間も研究しました。ペンギンはほとんど毎日同じ場所で活動しています。普通は多くても12羽くらいしかいませんが、この日は60羽以上いました。運がよかったのでしょう」とベリー氏は述べている。
  • Ciemon Frank Caballes/National Geographic Your Shot

    パラオ共和国のマカラカル島にある塩水湖、ジェリーフィッシュレイクで撮影された一枚。シュノーケルを付けて潜る女性をクラゲたちが取り囲んでいる。ジェリーフィッシュレイクに住む黄金のクラゲは人間を刺さない。毎日太陽の動きにあわせて移動を繰り返している。体内に共生している藻のような有機体が太陽の光から栄養を吸収するため、日光が欠かせないのだ。
  • Pooyon Shadpoor/National Geographic Your Shot

    プーヤン・シャドプーア氏は、ペルシャ湾に浮かぶイランのララク島の海岸を歩いている途中、光輝く水面に遭遇した。「プランクトンが放つ不思議な光に魅了されました」とシャドプーア氏は書いている。
  • Ernie Vater/National Geographic Your Shot

    見晴らす限りの氷の世界。その果てに沈んでいく太陽。ユアショットのメンバーのアーニー・ヴェイター氏がアメリカのスペリオル湖畔で撮った写真だ。「この場所が美しい理由の一つは、その静けさです」とヴェイター氏は述べている。この氷の洞窟は、ウィスコンシン州ベイフィールド郡の近くにあるアポストル群島国立湖岸にある。
  • Andrew George/National Geographic Your Shot

    月と並んでアイスランドの夜空に輝くオーロラ。ローマ神話の夜明けの女神の名前にちなんでオーロラと名付けられた。太陽の外気から飛来する荷電粒子が地球の大気に衝突し、鮮やかな光線を発することで輝くそうだ。
  • Jeff Hester/National Geographic Your Shot

    ユアショットのメンバー、ジェフ・へスター氏がメキシコのバハ・カリフォルニア半島にあるカボ・プルモ国立公園で撮影した。「これが、海の本来あるべき姿です」と彼は語る。しかし以前は違ったそうだ。「この公園が作られたのは1955年。乱獲が原因でサンゴ礁に住む魚や海の生き物が減ってしまったため、地元民たちが力を合わせここを国立公園にしたのです。その結果、生き物の数は順調に増え続け、生態系は健全な姿を取り戻してきました。この写真は、大きさがわかるように、前を泳いでいる妻を一緒に撮影しました」
  • Alexey Trofimov/National Geographic Your Shot

    「バイカル湖の氷は、とても不思議な動きをします」と撮影したアレクセイ・トロフィモフ氏は述べている。「盛り上がった後、ひびが入り、引き裂かれ、そして再び抱き合います。世界でここだけのファンタジーが展開されるのです」

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

Close
2014年ナショジオ写真コンテスト
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png