NEWS

勝どき橋でフェラーリが炎上 「走っていたら、炎が出た」【画像・動画】

2015年12月29日 18時40分 JST | 更新 2015年12月29日 18時44分 JST

12月29日午後2時40分ごろ、東京都中央区の隅田川にかかる勝鬨(かちどき)橋で、フェラーリとみられる乗用車1台が炎上した。「自分の車が橋の上で燃えている」と110番通報があったという。消防署の消火活動で、約15分後には消し止められた。テレ朝newsなどが報じた。

炎上が起こったのは、隅田川にかかる勝鬨橋の下り車線。車を運転していた60歳の父親と、助手席に乗っていた30歳の息子の親子は、直前に脱出。ケガはなかった。助手席に乗っていた男性は、「走っていたら、炎が出た」などと話した。乗用車は高級スポーツカー・フェラーリとみられ、警視庁は後部のエンジントラブルが原因とみて、詳しく調べている。

Twitter上には炎上するフェラーリの写真や動画が次々とアップされた。

▼写真をクリックするとスライドショーが開きます▼

東京モーターショー2015の自動車

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています