NEWS

μ'sが紅白歌合戦で魅せたステージとは? 2次元と3次元の驚異の融合

2015年12月31日 22時46分 JST | 更新 2016年01月02日 02時34分 JST
時事通信社

oricon style

【紅白】μ’s、2次元と3次元を融合させたステージで魅了

■『第66回NHK紅白歌合戦』(31日、NHKホール)

人気アニメ『ラブライブ!』に登場するアイドルグループの声を担当する女性声優9人組「μ’s」(ミューズ)が初登場。『紅白』のために新たに制作されたオリジナルアニメ映像に紹介され、「それは僕たちの奇跡」を歌い上げた。

出場したのは、高坂穂乃果役の新田恵海、南ことり役の内田彩、園田海未役の三森すずこ、星空凛役の飯田里穂、西木野真姫役のPile、東條希役の楠田亜衣奈、矢澤にこ役の徳井青空、小泉花陽役の久保ユリカの8人。

会場で熱唱する3次元のμ’sと、アニメで歌う2次元のμ’sが、見事にシンクロしたステージに、会場からも歓声が上がる。絢瀬絵里役の南條愛乃が、かねてから羅患している「膝蓋骨亜脱臼」および「半月板損傷」のため出場を辞退していたが、南條の穴を埋めるように8人がパワフルなステージで魅了した。

『ラブライブ!』は、廃校寸前の母校を救うため、少女たちがスクールアイドルグループ「μ’s」を結成し、奮闘する青春ストーリー。2010年に雑誌『電撃G’s magazine』による読者参加企画からスタート。13年にテレビアニメ、スマートフォンゲーム化され、人気に火がついた。現実世界ではそれぞれのキャラクターの女性声優がライブイベント、CDリリースなど大きな盛り上がりを見せ、来春には東京ドームでのライブを予定している。

【関連記事】


▼画像クリックで展開します▼

μ's画像集


コミケ89・コスプレ画像集 「おそ松さん」から「ワンパンマン」まで #C89

comike

これぞクール・ジャパン コスプレ美女120選(画像集)

bijo