Huffpost Japan

【真田丸】なぜ主人公の名前は「幸村」ではなく「信繁」なのか。三谷幸喜氏に聞く

投稿日: 更新:
SANADAMARU
NHK「真田丸」公式サイト
印刷

oricon style

【真田丸】三谷幸喜氏、主人公の名前「信繁」に込めた決意

脚本家・演出家としてテレビドラマ・舞台・映画と多方面で活躍する三谷幸喜氏。本人曰く「『刑事コロンボ』が大好き」でドラマ『古畑任三郎』(フジテレビ)を生み出し、「新選組と大河ドラマが大好き」で2004年の大河ドラマ『新選組!』(NHK)で近藤勇を描き、「子どもの頃から武将が大好き」で映画『清須会議』(13年公開)を撮り、12年ぶりに脚本を執筆するチャンスが巡ってきた大河ドラマで、戦国時代屈指の人気武将・真田信繁(幸村)の生涯を描くことになった。

三谷氏は、「幸村はとっくに大河ドラマでやっていてもおかしくない人物。よくぞ、僕が書くまで待っていてくれたと思います」と心底うれしそうだ。

信州の真田家に生まれ、幼少期から青年期を上杉景勝、豊臣秀吉の人質として過ごした信繁。天下分け目の関ヶ原の戦いでは西軍につき、豊臣方と徳川方の最後の戦いとなった「大坂の陣」では劣勢の豊臣勢のリーダーとして、徳川家康を相手に孤軍奮闘。大阪城の弱点を補うべく砦「真田丸」を築いて対抗、最後は戦場に散った。タイトルはその砦と「戦国の荒波に立ち向かう真田家を一艘(そう)の船に例え」て『真田丸』とした。

「『新選組!』の近藤勇も、今回の信繁も、勝者か敗者かといえば、敗者。時代を作った人よりも時代から取り残された人たちの人生に、僕は興味があります。この世の中は、何かを成し遂げられずに人生を全うする人のほうが圧倒的に多いわけですから、そういう人たちの代表として、描きたいと思いました」。

敗者にひかれるという三谷氏。「物語作家としては、敗れていった人たちのほうがよりドラマチックに書けるということもありますが、歴史上の人物を一年かけて描くにあたって、人生のクライマックスがドラマの最終回に来るような人物を描きたいな、と。そういう意味でも信繁は、ドラマチックな最終回を迎えられる人物だなと思っていました」と分析を加える。

「でも、“滅びの美学”はあまり好きではありません。信繁は、死に花を咲かせるためではなく、あくまでも勝つつもりで大阪城に入ったと思いたい。ひょっとしたら、夏の陣は豊臣方が勝つんじゃないかと思ってしまうような、それぐらい希望に満ちたクライマックスを描きたいと思っているんです。まだ書いてもいないのに、こんなことを言うのもなんですが、かなり最終回は盛り上がるはずです」と自信をにじませた。

■主人公の名前はなぜ「幸村」ではなく「信繁なのか」

今回の主人公について「真田信繁って誰?」と騒ぐ人も、「マイナーすぎる」と批判する人もいないだろう。強いて言えば、「なぜ“幸村”じゃないのか」くらい?

三谷氏は「僕一人の意志で決まったことではない」と前置きしつつ、「僕なりの思いを言うと、可能なかぎり史実に沿って書こうと思った時に、主人公の名前は信繁でなければならなかった」ときっぱり。

江戸時代から伝わる講談『難波戦記』や大正時代に刊行された立川文庫の『真田十勇士』などで広まり、親しまれてきた「幸村」の名前だが、あえて「信繁」としたのは、「真実の人生を描くんだという、決意表明を込めたつもりです」。

「史実をねじ曲げている」「歴史の解釈がおかしい」といった批判もよく起きる。三谷氏も『新選組!』で経験済みだ。

「『新選組!』をやった時に、荒唐無稽であるとか、史実をねじ曲げているといったご批判を受けました。僕はできるだけ史実に沿った形で描き、記録が残っていない部分だけ、想像力を膨らませて書いたつもりでした。ところが、僕自身、喜劇作家ということもあって、僕が書くものはすべてふざけているみたいなイメージを、背負ってしまっているんですね。名前も目出度(めでた)すぎるし」。

しかも、今回の信繁は近藤勇よりも時代は古いし、歴史的な資料も少ない。「彼が何した人かほとんどわかってない分、自由に発想できる。極端に言ってしまうと最晩年の活躍だけで歴史に名を残したようなものなので、わかっていない部分は、今回も思いっきり想像でつないで、2016年『真田丸』の信繁像を作っていきたい」と、どんな批判も受け止める覚悟だ。

「自分なりに心がけているのは、信繁が見たであろう出来事はなるべく細かく描いて、信繁が見ていないもの、体験していないものはどんなに大きな歴史上の出来事であろうとも、なるべく描かないようにしようと思っています」。

教科書をなぞるような歴史の再現ではなく、史実に沿いながらも“ドラマ”として面白いものを目指す。初回の試写を見ても、役者の演技と相まってクスッと笑えるシーンもあれば、偉大なる先代の後を引き継いだ“ジュニア”の悲劇もしっかりと描かれていた。魅力的なキャラクターはその作品の人気に直結する。

「歴史年表には笑いはないですよね。年表を見て笑える人はよほど感受性の優れた人でしょう。年表のように俯瞰で歴史を見ていては、表情も何も見えないけれど、目線を下げていくとその時代に生きていた人たちの顔が見えてきて、言葉が聞こえきて、息遣いを感じることができる。人間だから泣いたり怒ったりもするし、笑いもしたはず。一生懸命ゆえの滑稽さもある。信繁はもちろんですが、信繁と家族、信繁と関わる武将たち、登場人物一人ひとりを人間らしく描いていきたい」と意気込みを語っていた。

【関連記事】
Close
NHK朝ドラ(連続テレビ小説)のヒロインたち
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

他のサイトの関連記事

NHK大河ドラマ『真田丸』

来年のNHK大河「真田丸」 - 産経ニュース

『真田丸』で大河ドラマ復活?