Huffpost Japan

すしざんまい、築地最後の「マグロの初競り」最高値で落札 いくら?

投稿日: 更新:
TSUKIJI TUNA
YOSHIKAZU TSUNO via Getty Images
印刷

東京都中央卸売市場「築地市場」(中央区)で1月5日朝、新春恒例の初競りが行われた。11月に築地市場が江東区豊洲に移転するため、同市場での最後の初競りとなった。毎日新聞などが報じた。

最高値がついたのは、200キロの青森県大間産クロマグロで、2015年の約3倍となる1400万円(1キロ当たり7万円)。築地が本店のすしチェーン「すしざんまい」を運営する「喜代村」が5年連続で落札した

同社の木村清社長は、「感無量。いいマグロをお客さんに食べてもらいたい」「今年はマグロの量が多かった。もうちょっと値段が出ても良かったかなと思った」などと語り、新市場について「豊洲もいい市場になってほしい」と期待を寄せた。

■「マグロの初競り」とは

新春恒例の「マグロの初競り」は2013年、喜代村がクロマグロを1億5540万円の高値で落札し話題となった。

落札価格が高騰するきっかけとなったのは2008年の初競り。香港資本の「板前寿司ジャパン」の中国人経営者と喜代村と競り合うようになったが、2014年の初競りで、板前寿司ジャパンが高値競争から撤退。2014年が736万円、2015年が451万円と価格は落ち着いていた

【関連記事】
Close
マグロ初競り
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

築地の最近のマグロ初競り/メモ - 社会ニュース : nikkansports.com

築地最後のクロマグロ初競り 最高値は1400万円 「すしざんまい」運営会社が5年連続で落札