Huffpost Japan

左向きで寝る人は、悪夢を見やすい?(調査結果)

投稿日: 更新:
GETTY
Getty
印刷

もしもあなたが寝る時に横向きで、しかも左側を下にしているなら、悪い夢を見る確率が高い。2004年に発表された研究が再び話題となっている。「左側を下にして眠る人は、右側を下にして眠る人に比べて、悪夢を見やすい」というのだ。

だったら、反対向きに寝ればいいと考えるのはまだ早い。この研究の被験者は、たった63人だからだ。そのうち41人は、右側を下にして眠り、22人は左側を下にして眠った。左側を下にして眠った人で、悪夢を見たのは41%だったという。右側を下にして眠った人で、悪夢を見たと報告した人は15%だった。

もし、よく悪い夢を見るという人はできることがある。予防策として、眠る前に「自分で、夢をコントロールできる」と言い聞かせよう。嫌な夢だったら、自分で終わらせることもできるのだ。悪い夢を見たら、それを書き出してみたり、専門家に相談してみるのもいいだろう。なぜ睡眠中に、脳が悪い思考するのか、見えてくることもあるはずだ。

それでは、みなさん素敵な夢を。

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

【関連記事】

▼写真をクリックするとスライドショーが開きます▼

Close
長生きするために食べておきたい17の食材
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
ハフポスト日本版ライフスタイルはTwitterでも情報発信しています