ライフスタイル

2つの銀河が融合する瞬間 息をのむ美しさ(画像)

2016年01月07日 16時14分 JST | 更新 2016年01月07日 17時27分 JST

結合する銀河のこの荘厳な画像の中で、2つが1つになる。

2015年12月、この壮観な光景がハッブル宇宙望遠鏡で捉えられた。

この写真は、地球からおよそ2.3億光年離れた地点にある、ヘルクレス座で形成される過程の銀河「NGC 6052」を示している。

欧州宇宙機関(ESA)によれば、天文学者たちは最初、銀河を「単一異常」の銀河として分類していたようだが、今では一体となりつつある1組の恒星系であることが確認されている。

space

画像では混沌として見えるこの新しい銀河も、最終的に新しい形に落ち着くことになるだろう、と科学者グループは語った。

「2つの銀河が重力に引きつけられて、徐々に近づいていき、やがて衝突するのです」と、欧州宇宙機関(ESA)がアメリカ航空宇宙局(NASA)のウェブサイト上で明らかにした。「それら2つの銀河が今、ひとつに融合していく瞬間に私たちは立ち会っているのです」。

「銀河が融合する際の衝突によって、個々の星が元の軌道から放り出されてしまっているため、この画像では「混沌として」見えるのです」と声明の中で言及した。

「最終的に、この新しい銀河は安定し、なんらかの形に落ち着くことになるでしょう。そうしてできた銀河は、元の2つの銀河からは想像もできない形になっている可能性があります」。

Space.com によれば、銀河の融合は一般的なことで、私たちのいる「天の川銀河」とアンドロメダ銀河も、40億年の時をかけ融合をはじめている。

ハッブル宇宙望遠鏡は、現代天文学の偉大なパイオニアの1人であるエドウィン・パウエル・ハッブルの名をとって命名され、スペースシャトル・ディスカバリーと共に、1990年に打ち上げられた。

アメリカ航空宇宙局(NASA)/欧州宇宙機関(ESA)共同プロジェクトにより撮影された最初の画像は、カメラのミラーが不完全だったため、ぼやけていたが、1993年、宇宙遊泳する宇宙飛行士がこの問題を修正して以来、この望遠鏡は何百枚もの研究画像を地球に送り続けている。

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。


【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png

関連記事

ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた宇宙