Huffpost Japan

核実験を報じた北朝鮮の女性アナウンサー、李春姫さんってどんな人?

投稿日: 更新:
印刷

北朝鮮は1月6日、4度目の核実験を実施したことを発表した。国営の朝鮮中央テレビで声明を読み上げたのは、張りのある声で有名な同局の女性アナウンサー、李春姫(リ・チュンヒ)さんだった。北朝鮮の重大放送のたびに登場しているが、一体どんな人物なのか。各種報道から人物像を探ってみた。

■「自宅も高級乗用車もすべて国から贈られた」

李さんは1943年生まれ、平壌演劇映画大学俳優科を卒業した後、1971年2月から45年間にわたって、マイクを握り続けている。他の女性アナウンサーと違って、常に民族衣装のチマ・チョゴリで登場。ミサイル発射や金正日総書記の死去などの重大放送を、金日成時代から金氏3代の政権全てにわたって担当している

北朝鮮の月刊誌「朝鮮」2008年4月号によると、北朝鮮のアナウンサーとしては最高の栄誉となる「人民放送員」「努力英雄」という二つの称号を受けている。国家から特別待遇を受けており「首都平壌の美しい場所にある彼女の自宅には、夫と二人の息子、そして嫁や孫娘が暮らしている。現代風の自宅も高級乗用車もすべて国から贈られた」という。

同誌は李さんについて「迫力があり、訴えに力のある鉄のような声」「声明や談話を発表する際には、敵の肝を冷やすような攻撃的な話術の才能を持っている」などと紹介した

李さんは2011年10月以降、12月の金正日総書記死去の特別番組まで50日以上も姿を見せず、様々な臆測を呼んだこともあった。中国中央テレビによるインタビューで、登場機会が減った理由を問われた李さんは「同僚たちはみな若くてきれい」と笑って答えた。同局は「70歳近い李さんは徐々に一線を退き、後進の育成に力を入れている」と説明していた

▼画像クリックで展開します▼

Close
北朝鮮の女性たち
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

「最大の後ろ盾」関係悪化 北朝鮮制裁、中国が鍵

韓国、兆候つかめず

米中、北朝鮮への厳しい制裁に消極的か 自国経済への影響配慮で

北朝鮮「水爆実験」:日本、難しいかじ取り

北朝鮮 “水爆実験成功”と発表 各国が非難