ライフスタイル

廃墟を冒険するブル・テリア犬、廃屋のソファーで微笑む【画像】

2016年01月10日 17時04分 JST | 更新 2016年01月10日 17時22分 JST

2016-01-10-1452405182-5313858-568d59a9160000b300eba26b.jpeg

オランダの放置された農家でアイロンがけをするクレア

感動もののモデルポートフォリオを片手に、この冒険好きなわんこは世界中を旅している。しかも、未開の地に足を踏み入れることを恐れていない。

クレアは3歳のブル・テリアで、信頼できる飼い主、また共犯者でもあるアリス・ファン・ケンペンと廃墟を訪れるのが大好きだ。

プロの写真家であるファン・ケンペンは2年ちょっと前、ルクセンブルグ、ベルギー、オランダにある廃墟を旅することを思いついた。そしてクレアは彼女の作品にうってつけの被写体だと判断した。

「とっても素直な子なんです」と、ファン・ケンペンはハフポストに語る。「彼女はすごく楽しんでる。楽しいと思ってるのが見て分かるし、ニッコリ笑ってるんじゃないかって時もあるんですよ」。

2016-01-10-1452405811-5473302-568d59a9160000b300eba26a.jpeg

ルクセンブルグのカフェがあった廃墟でピアノを弾くクレア

この都会出身の旅するコンビは、長い間社会から忘れられたおんぼろの病院や屋敷、城、家を、これまでに数え切れないほど巡ってきた。大抵の場所は使われなくなってから40年以上経っており、家具も経年と放置によってひどく劣化している。

クレアは前の持ち主が置いて行ったものと一緒にポーズをとる。モデルをやらせたら完全にプロである。

「素晴らしい犬ですよ」。ファン・ケンペンは言う。「1秒間、絶対にじっとしてないといけないんです。これって本当に大変なことなのですが、彼女ったら瞬きもしないし目も動かさないんです」。

2016-01-10-1452406476-3051547-568d59a61f0000b201e9d1a2.jpeg

ルクセンブルグの廃屋でリラックスするクレア

彼女らが訪れる建物の多くは厳密には誰かの所有物であるため、窓やドアがあったり、潜り抜けれるほどの穴が壁に開いていれば入るという感じだ。「押し入るということのないように気を付けています」と、ファン・ケンペンは言った。

2016-01-10-1452406743-4457087-568d59a5190000c90178b34d.jpeg

ベルギーの廃墟と化した教会でお祈りをするクレア

ファン・ケンペンは、「私を見つけて」と言わんばかりの見知らぬ場所にたどり着くヒントを探るため、インターネットの奥深くを探し回る。Google Earthのストリートビューで、その建物が作品に最適な環境かどうかをチェックする。「場所を見つけるのが一苦労なんです。だって全部秘密にされてるものですから」と、彼女は付け加えた。「ですから、その在り処を突き止めるにはシャーロック・ホームズみたいにならないといけないんです」。

彼女らが訪れる場所の多くは、一見、薄気味悪くて危険な感じがするが、ファン・ケンペンはクレアがそばにいれば決して怖くない。クレアにとっても、探検で味わうスリルはスポットライトを浴びるぐらいのワクワクものなのだ。

「クレアは注目されるのが好きなんですよね」と、ファン・ケンペンは言う。「注目してもらってさえいれば、何でもやってくれます」。

▼クリックするとスライドショーが開きます▼

誰よりも廃墟を探検してきた犬

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

【関連記事】

「オズの魔法使い」のテーマパークへようこそ 不思議で美しい廃墟の世界

oz

廃墟に花を 48時間で空き家を花園に

vert front side of room

ハフポスト日本版ライフスタイルはTwitterでも情報発信しています