Huffpost Japan

【真田丸】初回視聴率「官兵衛」超える これまでの大河と比べて見ると...

投稿日: 更新:
SANADAMARU
2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」の出演者 | 時事通信社
印刷

1月10日にスタートしたNHK大河ドラマ「真田丸」は、初回の平均視聴率が19.9%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)だったことがわかった。スポニチなどが報じた。

ビデオリサーチのデータによると、2000年以降に放送された大河ドラマの初回平均視聴率のランキングでは12番目。放送期間全体の平均視聴率が初回平均視聴率を上回っているのは「篤姫」(2008年度)と「功名が辻」(2006年度)のみとなるが、共にランキングでは「真田丸」の前後に位置しており、今後に注目だ。

taiga

大河ドラマ55作目となる「真田丸」の舞台は戦国時代。“日本一の兵”として知られる人気の武将・真田幸村こと信繁の生涯を描く。脚本は三谷幸喜が担当、主演の堺雅人が信繁を演じる。

第1回「船出」は、天正10年(1582年)から物語が始まる。信繁の父・真田昌幸(草刈正雄)は、甲斐の武田家に使えていた。武将・武田信玄亡き後の武田家はこの時、重臣の裏切りをきっかけに絶体絶命の危機を迎える。織田信長が一気に武田を攻めてきたのだ。このとき信繁はまだ15歳。ドラマでは好奇心と冒険心の強い少年が描かれた。

▼クリックするとスライドショーが開きます▼

Close
堺雅人 画像集
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

大河「真田丸」初回視聴率は19・9% 3年ぶり大台発進ならず

堺雅人「真田丸」視聴率は損得考えず

『真田丸』で大河ドラマ復活?