NEWS

イスタンブールで爆発、10人以上が死亡 自爆テロか?

2016年01月12日 19時53分 JST | 更新 2016年01月12日 22時29分 JST
ASSOCIATED PRESS
Turkish security members stand near the city's landmark Sultan Ahmed Mosque or Blue Mosque after an explosion at Istanbul's historic Sultanahmet district, which is popular with tourists, on Tuesday, Jan. 12, 2016. The cause of the explosion, which could be heard from several neighborhoods, was not immediately known but TRT said the blast was likely caused by a suicide bomber. Government officials immediately convened for a security meeting, the state-run station said. (IHA via AP) TURKEY OUT

トルコの最大都市イスタンブールの観光名所スルタンアフメット地区で1月12日、爆発があり、少なくとも10人が死亡、15人がけがをした。地元当局の話として、ロイター通信などが伝えた。

爆発があったのは現地時間で午前10時半ごろ、観光客に人気のイスラム教礼拝施設「ブルーモスク」の近く。爆発原因は明らかになっていないが、地元テレビは、自爆テロの可能性を報じた。産経ニュースによると、ブルーモスクのほか、アヤソフィア博物館など有名な歴史的施設が立ち並ぶ地区で、日本人を含む多数の外国人観光客が訪れているという。

トルコでは、2015年10月に首都のアンカラで100人以上が犠牲となる爆弾テロが起きたほか、12月にもイスタンブールの空港や地下鉄でテロとみられる爆発が相次ぐなど治安が悪化している

【UPDATE】同日午後に会見したダウトオール首相は、過激派組織「イスラム国」(IS)の外国人戦闘員による犯行だと断言した。(2015/01/13 10:30)

▼画像クリックで展開します▼

Istanbul Explosion


【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています