NEWS

「大沢悠里のゆうゆうワイド」4月で終了 TBSラジオ、後任はだれ?

2016年01月17日 23時50分 JST | 更新 2016年01月22日 02時57分 JST
tbsradio

ラジオの人気長寿番組、TBSラジオ「大沢悠里のゆうゆうワイド」が4月8日で終了する。同番組のパーソナリティー、大沢悠里さん(74)が1月18日の番組内で明らかにした。毎日新聞は次のように報じた。

番組終了の理由について大沢さんは「30年続け、4時間半の放送に疲れを感じるようになった」と年齢や体力面の問題を挙げ、この間、ほぼ休むことなくマイクに向かってきたことから「家族のためにも元気なうちに番組を降りようと考えた」と話した。

同番組は月〜金曜午前8時半から4時間半の生放送。大沢さんとゲストの軽妙なトークのほか、毒蝮三太夫さんらの定番コーナー、聴取者からの色っぽくユーモアあふれる投稿を紹介する「お色気大賞」などの名物企画で人気を集めた。聴取率調査では、首都圏で首位争いを続けてきた。昨年も、俳優の砂川啓介さんが番組内で、妻で俳優の大山のぶ代さんが認知症であると告白し、注目を集めた。
 
TBSラジオ:「大沢悠里のゆうゆうワイド」4月終了 - 毎日新聞より 2016/01/18 10:31)

番組は1986年4月にスタートし、最終回で通算7808回に達する

大沢さんは番組で「30年は長い。体力的に4時間半の生放送の番組は長いんです。年齢的なこともあり。疲れてくると質が落ちるんです。昔みたいにうまくいかないと、自分自身がイライラしてくるんです。これじゃいけない、皆さんに申し訳ないという気持ちが強くなってきた」と話した

後継番組のパーソナリティーは、タレントの伊集院光さん(48)が務める

hikaru ijuin

伊集院光さん(ホリプロのサイトより)

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

ジャニーズを卒業した人々