NEWS

うわああ。世界最大種のヒグマが男性とじゃれ合ってる(動画)

2016年01月19日 16時04分 JST | 更新 2016年01月20日 20時06分 JST

Someone asked for video of Jim and Jimbo playing. I found this on my phone! :)

Posted by Orphaned Wildlife Center on 2016年1月2日



ニューヨーク州に住むジム・コヴァルチックさんの親友は、体重680キロもあるコディアックヒグマのジンボだ。抱き合ったり、背中をさすったり、舐め合ったりしている様子がFacebookで紹介されている。

動画を投稿したのは、ジンボが住むニューヨーク州オーティスビルにある野生動物保護センターだ。すでに1,400万回以上も再生されている。

保護センターのウェブサイトによれば、現在ジンボは21歳。施設で生活している11頭のコディアックヒグマのうちの1頭で、後足で立ち上がると3メートルにもなる。

2016-01-19-1453178235-6326360-0119ba.png

ジンボと遊ぶ、野生動物保護センターのジム・コヴァルチックさん(写真:ORPHANED WILDLIFE CENTER/FACEBOOK)

ウェブサイトには、ジンボがとても人懐っこくて温厚な性格であり、好物は赤身の肉だとも書かれている。

ジムさんも赤身の肉ではあるが、だからと言ってジンボを恐れたりはしないようだ。

「食べられてしまわなければいいけれど」とジムさんを心配するFacebookコメントに、保護センターは「ジムには保険をかけてあります」と返している。

ジムさんは野生動物保護センター職員だ。センターによれば、ジンボは生まれてから大半の時間をジムさんと一緒に過ごしてきた。

「ジンボは子グマの時からセンターで育ってきました。生まれた時から人間に飼育されてきたジンボは、野生で生きていくスキルを持っていません」とFacebookには書かれている。

北アメリカ熊センターによると、コディアックヒグマはアラスカのコディアック島に生息している世界最大のクマだ。

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

ウォータートン国立公園の子グマたち

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png