Huffpost Japan

なぜトルコでテロが続いているのか 治安悪化の背景にあるのは......

投稿日: 更新:
印刷

1月12日、トルコのイスタンブールの観光地で自爆テロが発生し10人が死亡した。死者のうち9人はドイツ人観光客だった。

ここ1年、トルコでは激しいテロ事件が続いている。治安悪化の背景には、政治的な混乱や長引くシリアとの対立がある。

ISに関連した爆破テロでは、100人以上が死亡している。また、トルコからの分離独立を目指すクルディスタン労働者党(PKK)武装組織とトルコ政府との衝突も激化している。

政府、IS、クルド人武装勢力の間には一体どのような緊張関係があるのだろうか。

2016-01-18-1453109865-6098165-0118tk2.jpeg
自爆テロの現場で哀悼の意を捧げるトルコのダウトオール首相。12日の自爆テロは、観光客をターゲットしたものだと考えられている。

トルコ vs. IS

2015年7月、シリアとの国境に近いトルコのスルチで自爆テロが起こり、32人の若い活動家が亡くなった。トルコで最初に起きたISによる自爆テロだった。

トルコ政府は以前から、シリアのIS勢力に対策を講じていないと国際社会から非難されていた。しかし、32人が犠牲になった7月のテロを受け、トルコは政策を変更した。アメリカ軍に、トルコの空軍基地の使用を許可したのだ。

政策の転換はアメリカ政府からは歓迎されたが、一方でISからの報復を招く結果になった。

10月10日、ISは再びトルコをターゲットにした。首都アンカラで行われていたクルド人の平和集会が狙われ、自爆テロによって100人以上が死亡した。これはトルコ史上最悪のテロ事件となった

ISに対してこれまでより厳しい政策をとるようになったことが、トルコ国内でのISのテロの増加につながったと専門家たちは指摘している。

しかし10月のテロの後は、ISのテロ計画を未然に防いでいるとトルコ政府は主張している。それにはアンカラで計画されていたという大晦日のテロも含まれている。しかし、1月12日の自爆テロを防ぐことはできなかった。大晦日のテロ計画と同様、12日のテロは旅行者を狙ったものだと考えられている。

「今回のテロがこれまでに起きたテロと異なるのは、クルド人ではなく外国人や観光客を狙っている点です」と、NPO「アトランティック・カウンシル」の上級研究員アーロン・シュタイン氏は述べる。「これは、ISがトルコに対する戦略を変えたということを意味しています」

トルコ vs. PKK

トルコ政府は、PKKをISと同じように敵とみなしている。エルドアン大統領は10月、「トルコにとってはPKKもISも同じだ」と述べている

トルコとPKKの激しい対立は、1980年代前半にはもう始まっていた。クルド人独立国家の樹立を目指して戦うPKKは、トルコ政府に対して武力で独立を求めてきた。

しかし1999年にPKKの設立者で指導者のアブドゥッラー・オジャラン氏が拘束された後、PKKの勢力は衰退し始めた。2013年にはトルコ政府とPKKは休戦し、和平合意交渉が行われるのではないかという希望も出てきた。

しかし、シリア国境の街コバニでクルド人がISに攻撃されても、トルコ政府は十分な支援をしなかった。このことがクルド人の怒りに火をつけた。2015年6月に、クルド人が多く住む街ディヤルバクルで、ISに関連した爆発事件が発生し、クルド人とトルコ政府の間の緊張は一層高まった。

2016-01-19-1453166082-2556868-0119tk.jpeg
ジズレの街をパトロールするトルコ兵士。トルコ政府とPKKの武装集団との間の大きな戦いで、多くの命が失われた。

ISは、最初はクルド人をターゲットにしていた。ISは、イラクとシリアでクルド人武装勢力を相手に戦っており、その攻撃の一環としてトルコのクルド人を攻撃したのだ。

批評家は、エルドアン大統領と与党・公正発展党(AKP)がISの攻撃を故意に無視していると批判する。トルコが敵とみなしているPKKとシリアのアサド大統領に対して、ISが攻撃を仕掛けているからだ。

「クルド人の多くは、AKPはISを密かに支援しているのではないかと考えています」とシュタイン氏は述べる。

7月にスルチで起こった自爆テロの後、PKKに関連した爆発で2人のトルコ兵士が死亡した。政府が十分なIS対策をしていないことに対する怒りが広がっている。

2016-01-19-1453168020-6854023-1019tk.jpeg
トルコ政府がPKKに対する反テロ運動を開始した後、スルチ地区を監視するトルコ兵士。トルコの指導者たちは、PKKとISは同じように脅威を与える存在だとみなしている。

7月のテロに対する報復として、トルコ政府はPKKが拠点としているイラク北部を空爆した。その後トルコ国内では政府とPKKの戦闘が激化した。エルドアン大統領は、平和的な歩み寄りは不可能だという声明を発表した。

トルコ南部でPKKとトルコ政府の争いが何度も発生したため、政府は主要なクルド人街で外出禁止令を出した。しかし、それに反発するデモが発生し、治安部隊と衝突したデモ参加者が死亡する事態になった。

12月にエルドアン大統領はPKKを「壊滅させる」と宣言、南部の街に対する大規模な軍事作戦を開始した。南東部の街ジズレではPKK潜伏場所に戦車による砲撃を行い、ジズレ・シロピ両地区に1万人の部隊を配備した。

クルド人を支持基盤とする国民民主主義党(HDP)は、この作戦によって街が破壊され、少なくとも72人の民間人が死亡したと発表した。一方エルドアン大統領は、2015年に3000人以上のPKK兵士が死亡したと話している。

2016年になっても、トルコ政府とクルド人の間の争いは続いている。1月8日、トルコ政府は南部の街でHDPのメンバーを逮捕した。その後に起きた政府とPKKの衝突では警官が1人死亡している。今後トルコ政府とPKKとの軋轢はさらに深くなる可能性がある。

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

Close
ISと戦うクルド人女性兵士
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png

他のサイトの関連記事

トルコ テロの実行犯は4人の男と難民申請

IS対応に苦慮…テロと空爆強化、板ばさみ

トルコ・イスタンブールで爆発、10人死亡 テロの可能性も