Huffpost Japan

野々村竜太郎被告が初公判に出廷、その姿は? 起訴内容は否認【号泣の元県議】

投稿日: 更新:
印刷

日帰り出張を繰り返して政務活動費約900万円をだまし取ったとして詐欺罪などに問われた元兵庫県議、野々村竜太郎被告(49)のやり直し初公判が1月26日、神戸地裁(佐茂剛裁判長)で始まり、地裁の勾引手続きで出廷した野々村被告は「(政務活動費で)虚偽の収支報告書を提出したことは決してございません」と述べ、起訴内容を否認した。朝日新聞デジタルなどが報じた。

2014年7月の「号泣会見」以来、本人が公開の場で説明するのは初めて。初公判は昨年11月の予定だったが、「精神的に不安定」(弁護人)と出廷せず延期された。佐茂(さも)剛(たけし)裁判長は正当な理由なく再び出廷しないおそれがあると判断。強制的に出廷させる「勾引(こういん)」の手続きをとり、神戸地検が25日に身柄を拘束して地裁へ移送。26日午前、収容先の神戸拘置所から出廷させた。

検察側は冒頭陳述で、野々村被告が初当選した11年度から13年度までに受領した政活費1684万円のうち913万円をだまし取ったとする手口や使い道を説明。適正に使ったように装うため、虚偽の内容を記した収支報告書を県議会側に提出した、と述べた。
 
元県議の野々村被告、起訴内容を否認 強制出廷で初公判:朝日新聞デジタルより 2016/01/26 12:22)

野々村被告は、起訴事実を認めるかどうかを明らかにする罪状認否で「費用の項目に誤りや事務費に該当しない記載があるかもしれないが、記憶がないので一つひとつ確認することはできない」と主張。弁護側は収支報告書について、虚偽の認識などを争う姿勢を示した

起訴状によると、野々村被告は2011〜13年度の政務活動費などについて、収支報告書にうその使途を記載したりクレジットカードの利用明細書を改ざんしたりして、県が支出した計1684万円のうち913万円余をだまし取ったとされる

■頭を剃り上げ、眼鏡掛けた姿

この日の野々村被告は、“号泣”会見の時とは異なり、眼鏡を掛け、頭を剃り上げた姿で落ち着いた様子だった。毎日新聞は次のように伝えた。

野々村被告は公判開始時刻の午前10時半、弁護人に付き添われ、顔を紅潮させて入廷した。2014年7月の「号泣会見」から約1年半ぶりの公の場。頭を丸刈りにし、濃紺のスーツにストライプのネクタイ、細い黒縁眼鏡姿だった。傍聴席や裁判長、検察官らに一礼し、A4判の紙を持って証言台に進んだが、紙を持つ左手は震えていた。

起訴状の朗読の後、佐茂裁判長に認否を問われると、「起立して発言してよろしいでしょうか」と言って立ち上がった。一呼吸おいてから「公判に欠席したことを深く反省し、謝罪させていただきます」と述べ、裁判長と検察官、弁護人、傍聴席に向かって計4回、頭を下げた。
 
野々村被告:丸刈りに濃紺のスーツ、紙持つ手震え 初公判 - 毎日新聞より 2016/01/26 11:41)

産経ニュースWESTは、野々村被告の様子についてTwitterに次のような投稿をした。

【関連記事】

▼写真をクリックするとスライドショーが開きます▼

Close
野々村竜太郎県議の釈明会見
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

野々村竜太郎オフィシャルブログ Powered by Ameba - アメーバブログ

野々村元県議を勾引=初公判前に神戸地裁

社会野々村元議員の身柄拘束 初公判に強制出廷へ