NEWS

家にあったら怖いかも......超リアルな人形がロシアに存在した

2016年01月26日 20時22分 JST | 更新 2016年01月26日 20時28分 JST

#шарнирнаякукла #ручнаяработа #роспись #bjd #handmade #painting

Михаил Зайков, скульптор🇷🇺さん(@michael_zajkov)が投稿した動画 -



百聞は一見に如かず。ロシアの彫刻家、ミカエル・ザジコフ氏の作品をとにかく見て欲しい。

彼の手作り人形があまりにもリアルなのだ。まばたきしている間に動き出しそうだ、と世界中で話題になっている。

人形を作る過程の動画が、ザジコフ氏のInstagramで紹介されている。繊細な動きで粘土をなめらかにし、色付けして、恐ろしいほど緻密な顔や手足を作り上げていく。

細い金属工具を使って注意深く鼻の穴を彫っているところを見ていると、見ているこちらの鼻がむずむずするようだ。



#шарнирнаякукла #процесс #ручнаяработа #полимернаяглина #bjd #sculpture #handmade #polymerclay

Михаил Зайков, скульптор🇷🇺さん(@michael_zajkov)が投稿した動画 -



ザジコフ氏の作品が最初に一般公開されたのは、2013年にモスクワで開催された「第4回国際アート人形ショー」だと、同氏の略歴に書かれている。

それはザジコフ氏が最初に人形を作ってから、わずか3年後のことだ。最初の人形は、ロシアのクバン国立大学大学院在学中に人形劇用として作った。

#art #bjd #craftdoll #handmade #redhead #polymerclay #livingDoll #ручнаяработа #шарнирнаякукла #полимернаяглина

Михаил Зайков, скульптор🇷🇺さん(@michael_zajkov)が投稿した写真 -



Открытие XI Международного Салона кукол в Москве. #Салонкукол #dollexhibition

Михаил Зайков, скульптор🇷🇺さん(@michael_zajkov)が投稿した写真 -



ザジコフ氏の人形はポリマークレイ(樹脂で作られた粘土)で作られている。関節が13個あって、自由に体を動かすことができるという。

髪にはフランス製モヘアを使用し、目にはドイツ在住アーティストの手作りガラス眼球を使っている。また、1900年代初期スタイルのドレスに使われているのは、アンティークのフランス製レースだ。

ブーツはザジコフ氏の手作りだ。手作業でブーツを作る動画も投稿されている。

12万5000人のフォロワーがいるザジコフ氏のInstagramで、もっとたくさんの作品を見てみよう。

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

▼関連スライドショー(写真をクリック)▼

世界のバービー人形

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png