ライフスタイル

【知っておきたい】凍りついたフロントガラスを一瞬で霜取りする方法

2016年01月29日 20時34分 JST | 更新 2016年02月02日 02時08分 JST

寒い日の朝、車のフロントガラスに霜がついて困ったという経験はないだろうか。

エンジンをかけて待つ? スクレイパーで取る?

気象学者のケン・ウェザード氏が教えてくれる方法なら、あっという間に霜が取れる。

それは消毒用アルコールと水を2:1で混ぜ、スプレーボトルに入れて吹きかけるというものだ。

下の動画で本人が試しているが、あっという間にガラスについた氷が溶けていく。

Clearing frost solution

An EASY way to clear frost off your windshield if you have to park outside at night!

Posted by WATE Ken Weathers on Tuesday, January 5, 2016

なぜ、これで溶けるのか。ウェザード氏によれば、消毒用アルコールの氷点は約-89℃であり、水の氷点よりずっと低いからだそうだ。

1本作っておけば、冬の朝がもっと楽になりそうだ。

ハフポストUS版に掲載された記事を翻訳しました。

▼関連スライドショー(写真をクリック)▼

冬に温水プールに入ると……

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています