Huffpost Japan

「難民が集団レイプ」13歳少女の作り話だった。ベルリンの事件

投稿日: 更新:
RIGHTWING GROUPS RALLY FOLLOWING COLOGNE SEX ATTAC
1月9日、ドイツ・ケルンで開かれた右翼グループによる反移民デモ (Photo by Sascha Schuermann/Getty Images) | Sascha Schuermann via Getty Images
印刷
spinner

ドイツの首都ベルリンで、ロシア系の13歳少女が拉致されて難民と思われる集団からレイプされたと訴えていた事件は、でっちあげであることが明らかになった。被害を訴えていた少女が話をでっち上げていたことを認めたと1月29日、検察当局が発表した。ガーディアンなどが報じた。

ドイツでは大みそかの12月31日、ケルンで難民が関与したとされる性的暴行の被害の訴えが相次いでいた。難民受け入れに対する反感が強まっていた矢先に報じられていたベルリンの事件だったが、作り話だったことが明らかになった。


■難民反対デモが激化。ロシアとの外交問題に発展していた

AFP通信によると、この少女は1月11日から翌日にかけて、30時間ほど行方が分からなくなった。帰宅後、市内の駅で「南の方から来た」という難民と思われる男3人に拉致されて性的暴行を受けたと警察に対して話していた。

しかし捜査の結果、少女はレイプ被害に遭っていなかったことが分かり、本人も作り話だったことを認めた。故障した携帯電話の記録を調べたところ、行方不明になったとされる夜、少女は19歳の知人男性と一緒にいたことが判明したという。検察の広報担当者は「少女は学校で問題を抱えていて知人男性の家に隠れたいと思っていたようだ」と話した。

CNNによると、ドイツではこのニュースが発端となって、ロシア系ドイツ人や極右グループによる難民反対デモに火が付いた。さらにロシアのラブロフ外相は、ドイツ当局が事実を隠ぺいしていると非難。ロシアとの外交問題にまで発展していた。

【関連記事】

▼画像クリックで展開します▼

Close
ドイツ・ケルンの反難民デモ(2016年1月9日)
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

不適切申請で9人在留不許可 難民運用見直しで

難民問題テーマにNGOが学習会 6日、神戸

スウェーデン 難民受け入れ巡り混乱続く

同性愛者向け難民施設、ドイツで初めて開設

【移民ショック】 子供の難民、欧州で1万人不明 警察当局が分析

ドイツに流入の難民、紛争終結後は大半が帰国する=メルケル首相

難民抑制策 暴行事件後、流入反発の世論拡大