NEWS

有働由美子アナ、「すっぴん公開」を後悔する。

2016年02月06日 22時49分 JST | 更新 2016年02月06日 22時49分 JST
時事通信社

oricon style

NHK有働アナ、すっぴん公開を後悔

NHKの有働由美子アナウンサー(46)が6日、ブログを更新し、自身が司会を務める『あさイチ』のコーナーですっぴんを公開した理由を明かすとともに、「すっぴん撮影を気前よくOKしたことを徐々に後悔しだしました」と胸中を吐露した。

有働アナは2日放送の『あさイチ』で、顔を細く見せるためのメイクのモデルとなり、メイク前(BEFORE)、メイク後(AFTER)の写真を並べたパネルが公開された。

きょう6日に「すっぴんをさらした理由」と題したブログを更新した有働アナは「こんなに人々から、びっくりしたといわれると思わなかった」「放送で何秒か流れるだけっていうからまいいや、と思っていたら、『有働アナのすっぴんが凄い』というネットニュースとやらを見た友人が『すっぴんが“ひどい”』って広まってるよ、と憐憫の情を寄せてくれた」と告白。

視聴者の反応が気になり始め、普段は「禁じ手にしている」というエゴサーチ(自分を検索)をしてみたところ「あったあったいろんなご意見。“すっぴんとか見せて好感度を上げようと思っている”という指摘もありました。いやいや知らない誰かさん、好感度あげるのにそんなリスク背負わんです、はい」と反論。「なんていいつつ、やっぱりすっぴん撮影を気前よくOKしたことを徐々に後悔しだしました」と綴った。

今回すっぴんの撮影を引き受けたのは、『あさイチ』で初めての特集を担当する新入りの女性ディレクターの企画だったからといい、「初めての特集だし気合も入っていたし緊張もしてた。なんとかよいものにしたいだろうな、そのために必要だというなら、よっしゃわかった、一肌脱ごう、引き受けた!と男気を出した!」と説明。

しかし、「BEFORE」で使った写真は「一番不細工な顔をコマ送りして探し静止画にしたそうじゃないか」と聞かされたようで「でもそれでこそプロ。ディレクターたるもの、視聴者にいいもの、おもしろいものを届けてなんぼです。いいんです。いいんです。ええ、もういいんです。(やけくそ)」と投げやりになりつつもディレクターの根性を褒めていた。

なお、同ブログでは、自身がナレーションを担当する大河ドラマ『真田丸』の真田昌幸(草刈正雄)に「キュンキュン」していることも明かしている。

【関連記事】