Huffpost Japan

ホテルの清掃係が教えてくれた、効率的に掃除する7つのコツ

投稿日: 更新:
印刷


CHARLIE SCHUCK VIA GETTY IMAGES

お風呂場や洗面所の掃除にかけては、ホテルの清掃係(ハウスキーパー)は何でも知っている。汚れのこびりついたトイレであれ、歯磨き粉が固まってしまったシンクであれ、掃除のプロたちは、もっとも効率的な方法でこれらを綺麗にする術をマスターしているのだ。

「私たちが客室で行う掃除は、常に時間の制約の中で行わなければいけません」。国際ハウスキーパー協会IEHAの取締役で、ハワイのアストン・ワイキキ・サンセット・ホテルで客室管理取締役をつとめるマデライン・チャンさんは話した。チャンさんは同ホテルで14年働いてきた。「カートに戻ったりして時間を無駄にしないように、ハウスキーパーたちはやるべきことをリストにしています」

下記はバスルーム・リストからいくつかのポイントをピックアップしたもの。潔癖症でなくても、これらは誰もが取り入れたほうがよい、基本的なことだ。掃除に自信がある人も、おさらいの意味を兼ねて確認してみよう。

1. 正しいクリーニング剤を使う

オキシドールを含んだ製品は必ず持っておきましょう」とチャンさんは言う。これは漂白剤と違って刺激性のガスを発生させず、タイルの間についた汚れに驚くほどの効果がある。

2. 効き始めるまで充分時間を取る

クリーニング製品を使う時は常に、ふき取るまでに7分程度置こう。こうすると洗剤が汚れやあかに染み込みます、これはホテルのスタッフの間で昔から確立されている秘訣。

3. 時計回りに掃除していく

もしくは、反時計回りでもOK。どちらかに決めておくことが重要だ。部屋の中を円を描くように掃除するのを忘れないこと。「そうすると、何も見落とすことがありません」と、チャンさんは言う。


LAARTIST VIA GETTY IMAGES

4. トイレの水を抜く

便器を空にすると、完全にきれいに掃除できる。汚れ落とすのは、自分が好きな方法で大丈夫だ(おそらくブラシでゴシゴシするのが一番簡単)。クリームクレンザーを使えば、トイレをより輝かせることができる。

5. 一番高い所から始めて、下へと掃除する。

たとえば、シャワー室の壁は、まず一番上の部分にスプレーして、柔らかいスポンジを使い下へと降りていく。そうすると、戻らずに済み、タイルやガラスにまたしみをつけることがない。


RUSSELL SADUR VIA GETTY IMAGES

6. 歯ブラシを活用する

タイルの間の汚れは、歯ブラシでこすり落としてしまおう。

7. 最後に床を掃除する

掃除中に落ちたほこりや髪の毛、ごみを、すべて一度に片付ける。

効率的な方法を意識して、掃除を楽しんでみよう。

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。


▼画像クリックで開きます▼
Close
お風呂にはいる猫たち
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

【関連記事】
ハフポスト日本版ライフスタイルはTwitterでも情報発信しています

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png

他のサイトの関連記事

掃除の習慣:「毎日10秒」 - PRESIDENT Online