ライフスタイル

見よ、これが「書き時計」だ。大学生の卒業制作がすごい(動画)

2016年02月08日 16時33分 JST | 更新 2016年02月08日 16時41分 JST

大学生が作った木製の「書き時計」がTwitter上で話題となっている。「書き時計」とは何か。まずは、この動画を見ていただこう。

なんと「06:19」だった時計が、自ら「06:20」と書いて時を1分進めている。この書き時計は、山形市内にある大学の学生が卒業制作で手がけた作品だという。この動画を見た人たちからは「凄すぎますね」「思わず10回くらい再生しました」といった感想が寄せられるなど反響を呼んでいる。

withnewsによると、作者は東北芸術工科大学のプロダクトデザイン学科4年生、鈴木完吾さん。書き時計を思い立ったきっかけについて、「『機械がやったら大変なこと』を機械にさせてみよう」などとコメントした。

【関連記事】

▼写真をクリックするとスライドショーが開きます▼

NASA 衛星写真から見た地球

ハフポスト日本版ライフスタイルはTwitterでも情報発信しています