Huffpost Japan

【歯舞群島】北方領土担当相の島尻安伊子氏が読めなかった。「ハボ・・・何だっけ?」

投稿日: 更新:
AIKO SHIMAJIRI
島尻安伊子氏(2016年2月9日)内閣府・政府インターネットテレビより | 内閣府
印刷

島尻安伊子・沖縄北方領土担当相が2月9日の記者会見で、北方領土の一つである「歯舞(はぼまい)群島」を読めない場面があった。共同通信が報じた。

会見で島尻氏は、元島民でつくる「千島歯舞諸島居住者連盟」が1日〜7日、「北方領土ネット検定2016」を実施したことを紹介した。このとき島尻氏は団体名が読めず、「元島民の皆さまでつくる、千島ハボ…えー、何だっけ…」などと、言葉を詰まらせ、大臣の側にいた秘書官が「はぼまい」と伝えた。

なお、このネット検定はこれまでも実施されており、島尻氏は大臣になる前に検定を受けたという。このときの点数について島尻氏は「恥ずかしくていえないので、また勉強したいと思う」などと答えた。

hopporyodo
衛星写真で見た歯舞群島の位置

■歯舞群島とは

独立行政法人「北方領土問題対策協会」によると、歯舞群島は、北海道根室半島の納沙布岬(のさっぷみさき)の沖合3.7kmから北東方に点在する小島群で、貝殻島(かいがらじま)、水晶島(すいしょうとう)、秋勇留島(あきゆりとう)、勇留島(ゆりとう)、志発島(しぼつとう)、多楽島(たらくとう)などの島々から成る。

歯舞の地名は、アイヌ語の「ハ・アプ・オマ・イ(流氷が退くと小島がある)」に由来し、ロシアも同じく「ハボマイ」と呼ぶ。コトバンクによると、国土地理院・海上保安庁海洋情報部は「歯舞諸島」と表記してきたが、北方領土返還運動団体からの要望に応じ、2008年「歯舞群島」を標準名とした。

▼クリックするとスライドショーが開きます▼

Close
北方領土
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png