Huffpost Japan

今井絵理子さん、参院選出馬会見 立候補のきっかけになった息子の言葉とは?

投稿日: 更新:
IMAI ERIKO
niconico
印刷

自民党は2月9日、ダンスボーカルグループSPEEDのメンバーで歌手の今井絵理子氏(32)を夏の参院選の比例代表候補として擁立すると発表した

沖縄タイムズは今井氏について、抜群の知名度があり、聴覚障害のある長男(11)を育てるシングルマザーとして、子育てや手話に関する執筆活動や福祉活動に積極的に取り組んできたと報じている。自民党は、今井氏のこれまでの経験が安倍政権の掲げる「1億総活躍社会」や「女性活躍」の実現の象徴的な候補者になると判断。若い世代を中心に無党派層の支持拡大に期待を寄せているという。

自民党選挙対策委員長の茂木敏充氏はこの記者会見で、「今井さんの真面目さ、前向きさを、すばらしいと感じている。これまれの経験を国政の場で活かして、若者がもっと政治に関心を持って、障害は個性、不便だけど不幸ではないと言える社会づくりに貢献してほしい」と述べた。


■なぜ、自民党?

今井氏は、沖縄県の那覇市出身。1996年に「SPEED」のメンバーとしてデビューした

会見で今井氏は、手話を交えながら次のように述べた。

「21歳のときに息子が聞こえないという障害を持って生まれてきました。そのときに初めて、障害に関すること、子育てに関することを知りました。

私は今まで歌しか知らなくて、その時に息子に出会って、こういうのもあるんだなと知りました。そこで同じ境遇のお母さんたちに出会い、障害を持つ子供たちにも出会いました。その中で、障害に関して皆さん知らないことがたくさんあると思います。それをまず知ってほしいと思い、そして、お母さんたち、障害を持っている子供たちが、より明るい希望を持てる社会づくりがしたいなと思いました。

私は政治は希望だと思います。息子が大きくなった時に、この国でよかったな。この国で生まれてよかったなと思うように、これから頑張っていきたいと思います」

自民党を選んだことについては、同党の山東昭子氏から紹介を受けたとコメント。山東氏が会長を務める聴覚障害者教育福祉協会のイベントを通じて7年前に知りあったという。2016年1月18日の同協会イベントのあと、山東氏から立候補の打診を受けたと明かした。


■「お母さんたちの声を聞いて、自分なりの政策を作りたい」

立候補を決意した具体的な理由については、「障害者に対する差別や問題は、“知らない”というところから生まれるんだなと気づいたんですね。皆さんに、より多く目を向けて欲しいという思いからです」と話した。取り組みたい内容については、「(障害児を持つ)お母さんたちは、皆さんが知らないところで一人で苦しんだり困ったりすることがたくさんあります。お母さんたちの声を聞いて、自分なりの政策を作りたいなと思います」と語った。

立候補のことは、小学5年生の息子とも話し合った。負担をかける面がある可能性についても告白したというが、息子からは「ママ、手話をたくさんの方々に広めてほしい」と言われたと紹介した。その言葉が、立候補のきっかけのひとつになったという。

今井氏は、「日本という、大きくて素敵な社会に、自分が携わって良いのかと悩みました。しかし、息子のことを思ったり、息子と同じ境遇の人のことを思うと、何かをしなくてはいけないと思うようになった」と決意を示した。

▼クリックするとスライドショーが開きます▼

Close
小室哲哉の曲を歌うアーティスト
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド
【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png

他のサイトの関連記事

今井絵理子 - Wikipedia

今井絵理子 (@Eriko_imai) | Twitter

今井絵理子オフィシャルブログ Powered by Ameba

今井絵理子/ Eriko Imai - Facebook

今井絵理子 公式サイト | RISINGPRODUCTION

【参院選】自民がSPEEDの今井絵理子氏擁立へ 知名度、シングル ...

今井絵理子氏、歌手活動は継続 立候補にSPEEDメンバーも後押し「決断応援する」

三原じゅん子氏「全力で応援」今井絵理子の参院選

自民参院選に今井絵理子!SPEED出馬へ会見も

今井絵理子氏の公認内定=参院比例、SPEEDメンバー-自民

今井絵理子氏出馬表明