NEWS

ハワイ伝説のサーフィン大会、6年ぶりに開催 あの大波が「ついにきた!!!!」

2016年02月10日 19時53分 JST | 更新 2016年02月10日 19時53分 JST

世界で最も古く有名なサーフィン大会「エディ・アイカウ」が、6年ぶりにハワイで開催される。

2009年を最後に開かれていなかったが、2月8日の朝、大会の主催者が開催を正式に発表した。



ハワイ・オアフ島のノースショア、ワイメア・ベイで1日限定で開催される大会に参加できるのは、招待された人たちだけだ。

エディ・アイカウの正式名称は「クイックシルバー・イン・メモリー・オブ・エディ・アイカウ」。ハワイの伝説のサーファー、エディ・アイカウを記念して始まった。ライフガードとしても多くの人名を救ったエディは、1978年にカヌーで航海中に嵐に巻き込まれ、仲間を助けようとして亡くなった。

2016-02-10-1455097648-4878276-sf.jpeg

エディ・アイカウ2009年大会

大会は1985年に始まったが、これまで8回しか開催されていない。大会を開く条件として、40フィート(約12メートル)を超える、大きくて完璧なコンディションの波が要求されるからだ。

主催団体によれば、2月10日の波はその条件を満たすうえ、午前中は風が弱い絶好のコンディションになる。

「大会を開催するまでに6年かかりましが、今回は初めてエディーが経験した波に匹敵する、大きな波がくるでしょう」とイベントディレクターのグレン・モンカタ氏は述べている。

2016-02-10-1455098359-9651848-sf2.jpeg

2004年のエディ・アイカウ大会でサーフボードから落ちてしまったダリル"フリー"ヴィロスコ

2009年のエディ・アイカウ大会には3万人以上が参加し、サーフィンのイベントとして最もメディアの注目を集めた。

第1回大会以来、イベントを開催するかどうかの最終決断は、主催チームの最古参でハワイ出身のサーファー、ジョージ・ダウニング氏が下してきた。この伝統は今後も続くという。

「ジョージはいつも『その日がいつなのかはベイが決める』と言っています。そしてそれは2月10日の水曜日です」とモンカタ氏が述べている。

招待された人たちは、大会が待ちきれないようだ。こんなツイートをしている。

ついにきた!!!!



さあ行くよ!



今週の水曜日、エディ・アイカウが開催される!! めちゃくちゃワクワクする



エディ・アイカウ動画(英語)

ハフポストUS版に掲載された記事を翻訳しました。

▼関連スライドショー(写真をクリック)▼

ハワイでサーフィン

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png