Huffpost Japan

乙武洋匡さんが清原和博容疑者に、1人だけ呼ばれて聞かれたこと

投稿日: 更新:
OTOTAKE AND KIYOHARA
Getty Images/時事通信社
印刷

「五体不満足」の著者の乙武洋匡さん(39)が2月14日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」にゲスト出演し、覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)から「自分の体のことを考えて『ウワー』って考えたりすることないの」と疑問を投げかけられたことがあることを明かした。

乙武さんは20代のころ、スポーツライターとして巨人時代の清原容疑者を密着取材していた。

ジャイアンツ時代で怪我が多く、2軍にいらっしゃる時期が長かったんですね。そのとき、ウエイトトレーニングルームにこもってよく練習をなさっていたんですけど、そこはどなたも報道陣を入れなかったので「開かずの扉」って言われていたんですよ。ところがある日、パッとドアが開いて、医学療法士の方が「乙武さんどうぞ」と言われて、私だけ中に入れて頂いたんですね。そこでまた毎日のように私だけ入れて頂くようになって、「なんでなのかなあ」というのが私の中ではすごく気になっていたんですよ。

そしたら何日目かな、清原さんが「乙武君さあ、自分の体のことを考えてウワーッて考えたりすることないの」って言われたんですよ。どうやら、清原さんは本当に恵まれた肉体で、これまで野球で素晴らしい成績を残してきて、それがだんだん怪我がちになって、思うような成績を残せない、試合いにも出られないということで、彼のおっしゃる「ウワー」と言う状態になってしまっていたみたいで。それを私から克服するヒントが得られたらという思いで、なんか招き入れてくださったんだなあ、と思ったんですね。

乙武さんは清原容疑者について「すごく内面が繊細で、弱くて、それを隠すために、ガーッと威嚇するような態度に出てしまうということがある方だった」とコメント。「今回、このニュースで見てすごくショックでしたけれども、そういう弱い部分がこういうふうに出ちゃったんだなぁと思って、悲しく思いました」と寂しげに話した。

乙武さんは早稲田大在学中の1998年に障害者としての体験を綴った「五体不満足」を出版、ベストセラーになった。その後、スポーツライターを経て、2007年4月〜10年3月、東京都杉並区立杉並第四小学校で教師、13年2月〜15年12月、東京都教育委員を務めた。

【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

▼写真をクリックするとスライドショーが開きます▼

Close
清原和博 画像集
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡

他のサイトの関連記事

乙武 洋匡 (@h_ototake) | Twitter

乙武洋匡オフィシャルサイト