NEWS

【誰にも聞けなかった】生理中ってなんでお通じがよくなるの?

2016年02月15日 23時50分 JST | 更新 2016年02月16日 17時33分 JST
Nastia11 via Getty Images
Beautiful young business woman thinking and looking up with finger under the face. Toned closeup portrait

生理がある人なら、こう不思議に思っていたかもしれない。

「なんで生理中はこんなにお通じがいいんだろう?」

なかなか人には聞けない疑問だ。

この謎を、アメリカの公共テレビPBSの番組「グロスサイエンス」がわかりやすく説明している。

それによると、2つのホルモンがお通じがよくなる原因になっている。

その一つ、「プロスタグランジン」は子宮を収縮させ、子宮内膜がはがれるのを助ける。このホルモンは腸まで移動する。そして腸も収縮させるのだ。その結果、お通じがスムーズになる。

もう一つのホルモンはプロゲステロンだ。これは便秘になる傾向を強めるホルモンなのだが、生理中に量が減る。そうするとお通じがよくなるのだ。

謎が解けて、すっきりしました?

ハフポストUS版に掲載された記事を翻訳しました。

▼関連スライドショー(写真をクリック)▼

体に良さそうだが、実際には良くない食べ物

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png