NEWS

氷室京介、BOOWY時代の曲を再レコーディング 35年越しのベストアルバム

2016年02月24日 17時00分 JST | 更新 2016年02月24日 17時05分 JST
WARNER MUSIC JAPAN

oricon style

氷室京介、4月にBOφWY曲含む“完全”ベスト「もう一度向き合ってみたい」

両耳の聴力悪化のため、4月から5月にかけての全国4大ドームツアー『KYOSUKE HIMURO LAST GIGS』をもってライブ活動を無期限活動休止するロック歌手・氷室京介が、自身初となるオールキャリア・ベストアルバム『L’EPILOGUE』を4月13日に発売することが決定した。1988年4月に解散した伝説のロックバンド・BOφWY時代の楽曲も新たにレコーディングして収録される。

今回、BOφWYの楽曲を再レコーディングしたことについて氷室は「LAST GIGSを間近に控えて、今の自分としてもう一度BOφWYの楽曲と向き合ってみたいと思った」と説明。今作に関するすべての監修は氷室自身が行っているが、純白のジャケットデザインにしたのは「ファンと氷室京介の関係性として、無垢な気持ちでありたい」という思いを込めたという。

本作には、CD2枚組で全31曲を収録。ソロデビュー曲「ANGEL」をはじめ、「KISS ME」「魂を抱いてくれ」などソロの代表曲を中心に構成されている。BOφWY時代の楽曲は「ミス・ミステリー・レディ」「黒のラプソディ」「“16”」「衝撃」「CLOUDY HEART」「わがままジュリエット」「FUNNY-BOY」「唇にジェラシー」の7曲を再レコーディング。グラミー賞受賞歴のあるエンジニアが名を連ね、すべての楽曲のリマスタリングはテッド・ジェンセンが担当した。

初回生産限定盤の特典として“ライブベストCD”を付属。「WILD AT NIGHT」「Claudia」「CALLING」「B・BLUE」「MARIONETTE」「ONLY YOU」など近年のライブからのベストテイク15曲をあたかも1つのライブのようにまとめ上げられ、1981年のBOφWY結成から“ヒムロック”35年間の軌跡と生き様が刻み込まれた内容となっている。

本作を引っさげて行われるライブ活動休止前最後の全国4大ドームツアーは、4月23・24日の京セラドーム大阪公演を皮切りに、同29日の愛知・ナゴヤドーム、5月14日の福岡 ヤフオク!ドーム、5月21・22・23日の東京ドーム公演まで全7公演で約30万人の動員を予定している。

■氷室京介『L’EPILOGUE』収録曲

【CD1】

01. ミス・ミステリー・レディ ★

02. 黒のラプソディ ★

03. “16” ★

04. CLOUDY HEART ★

05. わがままジュリエット ★

06. WARRIORS

07. Silent Blue

08. MONOCHROME RAINBOW ☆

09. FOLLOW THE WIND ☆

10. So Far So Close

11. ONE LIFE

12. FUNNY-BOY ★

13. 唇にジェラシー ★

14. WILD ROMANCE

15. REVOLVER

★=新録曲、☆=リミックス曲

【CD2】

01. ANGEL

02. DEAR ALGERNON

03. LOVER’S DAY

04. SUMMER GAME

05. MISTY~微妙に~

06. JEALOUSYを眠らせて

07. CRIME OF LOVE

08. KISS ME

09. VIRGIN BEAT

10. STAY

11. 魂を抱いてくれ

12. NATIVE STRANGER

13. ダイヤモンド・ダスト

14. SLEEPLESS NIGHT ~眠れない夜のために~

15. BANG THE BEAT

16. IF YOU WANT

【Live CD】(初回生産限定盤特典)

01. B・BLUE

02. Claudia

03. LOVE & GAME

04. Bloody Moon

05. HEAT

06. Girls Be Glamorous

07. TO THE HIGHWAY

08. PLASTIC BOMB

09. MARIONETTE

10. ONLY YOU

11. SWEET REVOLUTION

12. CALLING

13. SQUALL

14. WILD AT NIGHT

15. The Sun Also Rises

【関連記事】

関連記事

懐かしのポップ&ロックスター、あの人は今(80's特集)