Huffpost Japan

耳の不自由な男性に、スターバックスの店員が渡したメモが感動を呼ぶ

投稿日: 更新:
印刷

イビー・ピラチャさんは、地元バージニア州リーズバーグのスターバックスに週に3回通っている。 ピラチャさんは聴覚がなく、飲み物のオーダーをする時にスマートフォンに文字を入力して、カウンター越しに店員に見せる必要があった。

しかし、そんなピラチャさんの日常に変化が訪れようとしている。

スターバックスのバージニア州リーズバーグ支店のある店員が、ピラチャさんのような人を温かく迎えたいという思いから、ある決意をしたのだ。

ピラチャさんは最近、スターバックスで1枚のメモを手渡された。そこには「あなたが他のお客様と同じようにスターバックスを楽しめるように、手話を勉強しています」と書かれていた。

Oh, I gotta love this place. Starbucks woman cashier, she wrote it to me and she knew I am deaf. I am surprised she...

Posted by Ibby Piracha on Friday, 19 February 2016



ピラチャさんは2月19日に、このメモの画像をFacebookでシェアした。「私が週3回、ここのスターバックスに通っているとの理由で、店員さんが手話を勉強してくれていることに驚きました。彼女は手話で『お飲み物は何にされますか?』と聞いてきてくれたんです。本当に嬉しかったです」

インディペント紙によると、ピラチャさんは「私の方から、彼女に何かお願いするようなことはしていません。彼女は自ら進んでこのメモをくれたのです」と述べたという。

「私たちのように耳の不自由な人のコミュニティをサポートしてくれる人がいるのは嬉しいです。私たちは時に、周りから突き放されたような気持ちになることがあるのです。このことで、より多くの人がもっと私たちのことを積極的を知ってくれるようになったら嬉しいです」



ピラチャさんのFacebookの投稿は2万以上のいいね!を押され、多くの人がこのスターバックスの店員の行動で、自分も手話の勉強を学ぼうという気持ちになったとコメントしている。

Facebookユーザーの1人、アルフレッド・バルガスさんは「素晴らしいです。もっと多くの人が自ら進んでこのような行動をするようになって欲しいです。私もアメリカ手話の辞書を買いに行こうと思います。きっと役立つでしょうから」と述べた。

この記事はハフポストUK版に掲載されたものを翻訳しました。


▼画像クリックで開きます▼

Close
スターバックス リザーブ
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png

他のサイトの関連記事

手話、音声ガイド付きで上映 障害ある人たちに

自治体の取り組み紹介 県立ろう学校の演技も 県聴覚障害者協イベント 橿原 /奈良

「手話言語法」の早期制定を=久松三二・全日本ろうあ連盟事務局長

鳥取)手話パフォーマンス甲子園、倉吉で9月に開催