NEWS

天皇陛下がA型インフルエンザに 公務取りやめ

2016年02月28日 23時52分 JST | 更新 2016年02月28日 23時52分 JST
KAZUHIRO NOGI via Getty Images
Japanese Emperor Akihito delivers a speech to well-wishers gathered for the annual New Year's greetings at the Imperial Palace in Tokyo on January 2, 2016. Akihito called for peace in his New Year's greeting to more than 62,000 visitors. AFP PHOTO / KAZUHIRO NOGI / AFP / KAZUHIRO NOGI (Photo credit should read KAZUHIRO NOGI/AFP/Getty Images)

宮内庁は2月29日、天皇陛下がA型インフルエンザと診断されたと発表した。38度前後の熱のほか、のどの痛みや軽いせきの症状があり、お住まいの皇居・御所で安静にしている。29日の公務を取りやめるという。時事ドットコムなどが報じた。

同庁によると、陛下は27日から発熱を伴う風邪の症状があり、28日夜にA型インフルエンザと診断された。29日に予定されていた離任するタンザニア大使との面会などの公務は、日程を再調整する。3月1日以降の公務については、今後の症状を見て決める。
 
時事通信ニュース:天皇陛下がインフルエンザに=宮内庁より 2016/02/29 11:19)

皇后さまにインフルエンザの症状はないという

天皇、皇后両陛下は最近では24日、1月下旬のフィリピン訪問に尽力した政府関係者を皇居・宮殿に招き、茶会を開いた

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

関連記事

佳子さま画像集