Huffpost Japan

「マッドマックス」ヘアスタイル賞に驚きの声。大半がスキンヘッドなのに...【アカデミー賞2016】

投稿日: 更新:
MAD MAX
「マッドマックス 怒りのデス・ロード」公式サイト | madmaxmovie.com
印刷

日本時間2月29日に開かれた第88回アカデミー賞の授賞式で、映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」が、作品賞は逃したものの最多6部門で受賞を果たした。スポニチなどが報じた。

「怒りのデス・ロード」は「マッドマックス」シリーズ第4弾で30年ぶりの新作。同シリーズの生みの親であるジョージ・ミラー監督が再びメガホンを取ったアクション大作だ。ノミネートされた10部門のうち、衣装デザイン賞、編集賞、メイク・ヘアスタイリング賞、美術賞、音響編集賞、録音賞を受賞した。

石油や水など資源が枯渇した未来の世界で、主人公の元警官マックス(トム・ハーディ)らが、恐怖と暴力で民衆を支配する暴君と戦う。女優シャーリーズ・セロンがスキンヘッドに挑戦し、話題になっていた。

大半のキャラクターがスキンヘッドで、一部報道では全体の7割と言われている。そんな映画がメイク・ヘアスタイリング賞を受賞したことに、ネット上では衝撃が走ったが、「メイクも合わせた賞なので変ではない」「あえてスキンヘッドだらけにした発想が評価されたのでは」という冷静な声も出ている。

【関連記事】

▼クリックすると画像集が開きます▼

Close
アカデミー賞レッドカーペット2016
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

V6! V6! V6! 映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」がアカデミー賞6冠を達成

『マッドマックス』メイクアップスタッフ、銀のスプレーの人気ぶりを明かす

『アカデミー賞』レオが悲願の初受賞、最多受賞は『マッドマックス』

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」リバイバル上映、始まるよ!

ベルギーで「マッドマックス」超えのヒットを記録したコメディ予告編

話題の娯楽大作『マッドマックス』は“保守的”なアカデミー賞をとれる?

「マッドマックス 怒りのデスロード」がメイク&ヘアスタイリスト組合賞2冠