NEWS

ブルース・スプリングスティーン、大ファンの91歳女性をステージに呼んでダンスする

2016年03月06日 02時33分 JST

91歳のジャンヌ・ハインツさんにとって、その日は間違いなく、人生における「Glory Days(栄光の日々)」の新たな1ページになった。

2月29日、66歳のブルース・スプリングスティーンはミネソタ州セント・ポールでのコンサート中、名曲「Dancing in the Dark」に合わせて1人の女性を呼び寄せ、ステージ上でともにダンスを踊った。彼らは歓声の中、スポットライトを浴びながら素晴らしいステップを見せた。エンターテイメント・ウィークリー誌が伝えた

スター・トリビューン誌によれば、ハインツさんはブルース・スプリングスティーンの熱心なファンで、かつて参加したコンサートでも一度だけ「Dancing in the Dark」に合わせてブルースと踊っている。彼女にとってそのことは、長年にわたり忘れられない瞬間であり続けた。

そのコンサートも含め、ハインツさんはブルースのコンサートに100回以上参加してきた。ただ、ハインツさんの娘が語ったところでは、今回のコンサートがおそらく最後になるはずだという。

「なんて素晴らしい『最後』でしょう」ハインツさんの娘、ジャッキーさんはトリビューン誌に述べた。「彼の音楽は、母にとって本当に大切なものであり続けてきたんです」

ボス(ブルースの愛称)の腕の中でダンスし、キスを受ける。ハインツさんにとって、これ以上ない時間となった。


この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。


▼画像クリックで開きます▼

懐かしのポップ&ロックスター、あの人は今(80's特集)


【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png