Huffpost Japan

トランプ氏「下ネタ発言」の影響は? 5州で予備選・党員集会【アメリカ大統領選】

投稿日: 更新:
TED CRUZ
Republican presidential candidates, businessman Donald Trump and Sen. Ted Cruz, R-Texas, argue a point during a Republican presidential primary debate at Fox Theatre, Thursday, March 3, 2016, in Detroit. (AP Photo/Paul Sancya) | ASSOCIATED PRESS
印刷

【UPDATE】2016/03/06 15:00
2016年アメリカ大統領選挙を巡る2大政党の候補者指名争いは、3月5日(現地時間)、計5州で予備選・党員集会があった。

開票結果の集計は続いているが、ハフポストUS版によると、共和党は、2位につける保守強硬派テッド・クルーズ上院議員が、カンザス州とメイン州で勝利を確実にしたほか、メイン州でも優勢。トップを走る実業家ドナルド・トランプ氏はケンタッキー州とルイジアナ州で勝利が確実だ。

民主党はヒラリー・クリントン前国務長官がルイジアナ州で勝利を確実にした。カンザス州とネブラスカ州はバーニー・サンダース上院議員が制することが確実な情勢だ。

スーパーチューズデーでトランプ氏が過半数の州を制してから、2012年の大統領選に出馬したミット・ロムニー氏ら共和党の重鎮らがこぞってトランプ氏を批判した。「トランプ降ろし」の動きは共和党内で激しくなっている。

一方、トランプ氏は3日の討論会で、開始直後に「俺の手を見ろ。小さいか? これが小さかったら、あっちの方も小さいはずだ。大丈夫だ、まったく問題ない」と下ネタ発言。これが改めてメディアから批判されている。これらがどう投票行動に影響したか注目される。

共和党の指名争いに参戦していた脳神経外科医のベン・カーソン氏は4日、指名争いからの撤退を表明した。予備選・党員集会が始まる前に世論調査でトランプ氏を上回ったこともあったが、これまでに勝利した州はなく、伸び悩んでいた。

▼関連スライドショー(写真をクリック)▼

Close
米大統領選候補者の顔ぶれ(2016年)
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド



ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

トランプ氏、主張を撤回「違法な命令しない」

トランプ氏に批判集中 共和党のテレビ討論

吹き荒れるトランプ降ろしで指名獲得予想が低下、無所属出馬の賭けが増加