NEWS

台湾への海底トンネル計画 「中国のプロパガンダ」と批判する声も

2016年03月06日 20時44分 JST | 更新 2016年03月06日 20時44分 JST
ASSOCIATED PRESS
China's top leaders stand as they sing the national anthem during the opening session of the annual National People's Congress in Beijing's Great Hall of the People, Saturday, March 5, 2016.(AP Photo/Ng Han Guan)

中国政府の2016~20年までの中期経済目標「第13次5カ年計画」に、中国福建省福州から台湾を結ぶ高速鉄道の建設計画が盛り込まれた。中国の国会に当たる全国人民代表大会(全人代)で3月5日に発表されたと、毎日新聞などが報じた。

朝日新聞デジタルによると、福建省幹部は6日、新路線を「海底トンネル」だと明かした上で、技術的な検証は済んでおり、実現するかどうかは「台湾の意向次第だ」と述べたという。

福州-台北間は直線距離で約250キロ。もし実現すれば、世界最長の海底トンネルである青函トンネルの5倍近い長さとなる。中国メディアは「両岸(中台)の意思疎通を高速化させることができる」などと報道。一方で、台湾メディア関係者は「荒唐無稽。台湾統一工作の一環で、プロパガンダだ」と冷ややかな反応だ。

【関連記事】

▼クリックすると画像集が開きます▼

巨大地下トンネル(NY市)


ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています