NEWS

最古の国産蒸気機関車「233型」、重要文化財に【動画・画像】

2016年03月11日 20時14分 JST | 更新 2016年03月11日 20時35分 JST

現存する最古の国産蒸気機関車「233号機関車」が、重要文化財(美術工芸品)に指定されることになった

車両を所有するJR西日本が3月11日、文化庁文化審議会の答申を受けたと発表した。

同社によると、233号蒸気機関車は、1903~1904(明治36~37)年に汽車製造合資会社で製造された。「蒸気機関車国産の先鞭をつけた形式の車両として鉄道史、産業史上などに学術価値が高い」と評価を受けたという。

「機械遺産」を認定する日本機械学会によると、イギリスの蒸気機関車をモデルに計41両製造されたうちの1両。2004年に鉄道記念物に指定されている。

233

233

untendai

233

2015年に閉館した旧交通科学博物館(大阪市)に展示されていたが、2016年4月29日に開館予定の「京都鉄道博物館」の本館正面に展示される。

233

▼関連スライドショー(写真をクリック)▼

さよなら交通科学博物館



ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています