Huffpost Japan

キース・エマーソンさん自殺 「エマーソン・レイク&パーマー」キーボード奏者

投稿日: 更新:
印刷

keith emerson
1974年5月25日、オランダ・ロッテルダムの公演で

1970年代に人気を博したプログレッシブバンド「エマーソン・レイク&パーマー」(ELP)のキーボード奏者、キース・エマーソンさんが3月10日、死去した。71歳。

元バンドメンバーのカール・パーマーさんがFacebookで明らかにした。

I am deeply saddened to learn of the passing of my good friend and brother-in-music, KEITH EMERSON. Keith was a gentle...

Carl Palmerさんの投稿 2016年3月11日


「良き友であり、音楽での兄弟、キース・エマーソンの死を知り、深く悲しんでいます。キーボード奏者としてのパフォーマンス、音楽への愛と情熱は比類ないものでした。キースは開拓者、発明者でした。その音楽の才能はロック、クラシック、そしてジャズの世界に及びました。私はいつも、彼の温かい笑顔、ユーモアのセンス、エンターテイナーとしての意識の高さ、作品への没頭ぶりを思い出します。彼と知り合え、音楽を一緒にできたことは私にとって幸せでした。安らかに」

バンドの公式Facebookページは、キース・エマーソンさんがアメリカ・ロサンゼルスの自宅で亡くなったことを短く伝えた。

ビルボード誌は警察の情報として、キース・エマーソンさんが拳銃で自殺したと報じている。

keith emerson
1977年2月、カナダ・モントリオール公演のリハーサル

キース・エマーソンさんはバンド「ザ・ナイス」を経て、1970年に、グレッグ・レイクさん(ギター)、カール・パーマーさん(ドラム)とELPを結成した。ローリングストーン誌は「この時代で最も優れたキーボード奏者の一人」と伝えている。

ドリーム・シアターに在籍していたドラマー、マイク・ポートノイさんはTwitterで「キーボード界のジミ・ヘンドリックス」と、偉業をたたえた。

4月14~19日まで、大阪と東京でソロツアーが予定されていた

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳、加筆しました。

▼関連スライドショー(写真をクリック)▼
Close
懐かしのポップ&ロックスター、あの人は今(70's特集)
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド



ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

Keith Emerson, Emerson, Lake and Palmer Keyboardist, Dead at 71

キース・エマーソン、2016年4月に来日公演が決定

Moog、モジュラーシンセサイザー50周年記念にキース・エマーソン モデルを復刻、希望者には販売