NEWS

グーグルの人工知能「アルファ碁」、韓国イ・セドル九段に3連勝 無傷で勝ち越し

2016年03月12日 18時36分 JST | 更新 2016年03月12日 18時36分 JST

グーグル傘下のグーグル・ディープマインド社が開発した囲碁の人工知能「アルファ碁」と、「世界最強の棋士」と言われる韓国のイ・セドル九段(33)の対局は、3月12日に韓国・ソウル中心部のホテルで第3局があり、アルファ碁が勝って3連勝した。

対局は13、15日まで全5局あるが、2局を残してアルファ碁が無敗で勝ち越しを決めた。

ハフポスト韓国版によると、この日の対局でアルファ碁は、176手目でイ・セドル九段に中押し勝ちを決めた。賞金100万ドルはアルファ碁に与えられる。グーグル・ディープマインド社は、賞金をUNICEFと科学教育、囲碁関連の慈善団体に寄付する意向という。

1局(9日)、2局(10日)と連敗し、後がなくなったイ・セドル九段は、この日「自分の碁を打つ」と宣言。序盤から積極的に仕掛ける碁を展開したが、アルファ碁の守備は固く、イ・セドル九段の攻めを寄せ付けなかった。

▼クリックすると写真が開きます▼

アルファ碁vs.イ・セドル



ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています