NEWS

宮澤佐江、SKE48卒業コンサート 「私を見つけ、育ててくれてありがとう」【画像集】

2016年03月14日 16時58分 JST | 更新 2016年03月14日 16時58分 JST

アイドルグループのSKE48とSNH48を兼任する宮澤佐江(25)の卒業コンサートが3月4日、名古屋・日本ガイシホールであった。スポニチなどが伝えた。「奇跡は間に合わない」のソロ歌唱でスタートし、AKB48の「言い訳May be」なども歌い、8000人のファンに別れを告げた。

公演前、報道陣には「いろんなメンバーの卒業を送り出す側として見てきたが、自分にこういう日が来たことに実感がわかない」と話した。宮澤は06年2月にAKB2期生オーディションに合格。14年4月にSKEに移籍し、チームSのリーダーを務めてきた。4月1日の東京・秋葉原のAKB劇場公演を最後にグループを卒業する。
 
宮澤佐江SKE卒業ライブ「こういう日が来たことに実感わかない」 ― スポニチ より 2016/03/05 06:47)

宮澤は、アンコールで行われた卒業セレモニーで「私を見つけ、育ててくれて、本当にありがとう」とファンに感謝の言葉をかけた。メンバーには「いつ出会うか分からなくても、見てくれている人は必ずいることを最後に伝えたい」との言葉を送った

▼写真をクリックするとスライドショーが開きます▼

宮澤佐江の卒業コンサート

【関連記事】

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

AKB48/SKE48/NMB48/HKT48写真集