Huffpost Japan

桜井誠・在特会前会長、ニコ生で「運動は拡大した」と謝意表明【ヘイトスピーチ】

投稿日: 更新:
印刷

会員によるヘイトスピーチ(憎悪の扇動)が社会問題になっている「在日特権を許さない市民の会」の桜井誠・前会長(本名・高田誠)が、3月16日のブログで、自身らが運営する「行動する保守運動」のニコニコ生放送アカウントを休止させたと明らかにした。「動画サイトの運営方針に左思想全開で臨むのは流石に認められない」と、運営するドワンゴを非難した。

在特会は2015年5月に、公式チャンネルが閉鎖された。在特会は「『規約違反』を理由に」閉鎖の通告があったと説明していた

2015年12月には、法務省が「人権侵害にあたる」として、在特会メンバーが2009年11月に朝鮮大学校(東京都小平市)前で「朝鮮人を日本からたたき出せ」などと大声を上げる動画の削除を要請。これにニコニコ動画など複数のサイトが削除に応じたと伝えられた

桜井氏は、在特会チャンネルを開設したのもドワンゴ側からの打診に応じたからと述べ、法務省の削除要請に応じたドワンゴにも「いっそう不信感が募る」とした。

桜井も出演していた在特会公式チャンネルが突如として打ち切られた件についても、そもそも在特会に「チャンネルを作ってみないか?」と持ち掛けたのはカドカワドワンゴ側からであり、その依頼に応じてチャンネルを作ったのですが…。閉鎖の説明が一切なく、突然打ち切るという社会常識からかけ離れた非礼の対応を取ったのがカドカワドワンゴ、ニコニコ動画でした。

しかし、以下のように、ドワンゴへの「感謝」も表明した。

平成20年から8年間にわたって利用してきたニコニコ生放送によって行動する保守運動が認知、拡大してきたのも事実であり、その点についてはカドカワドワンゴ側に対して深く謝意を伝えるところです。

ハフポスト日本版編集部は、事実関係についてドワンゴに確認を求めているが、16日午後6時時点で回答は来ていない。

【関連記事】
▼関連スライドショー(写真をクリック)▼
Close
【ヘイトスピーチ】2013年6月30日、在特会の新大久保周辺デモ
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド



ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

稲田朋美政調会長とヘイト団体・在特会の“親密な関係”を裁判所が事実認定! スラップ訴訟による報道圧力を許すな

元在特会代表に「脅迫的な言動しないで」

2015年11月26日(木) 安田浩一