【レイプで妊娠】難民少女のヌードを掲載すべきか? TIME誌の表紙が物議

投稿日: 更新:
印刷

アメリカの週刊誌「TIME」の表紙に、レイプで妊娠した少女のヌード写真が使われたことで議論を呼んでいる。ニュースサイト「PetaPixel」などが報じた。

ayak

問題となったのは、アジアやヨーロッパなどで発行される国際版の3月21日号(3月15日発売)の表紙だ。内戦下の南スーダンから逃れてウガンダの難民キャンプにいる17歳のアヤックさんが、妊娠9カ月目のお腹をカメラの前に晒している。

TIMEによると、彼女は南スーダンのベンティウ周辺に住んでいたが、家族全員を反体制派の攻撃で失った。彼女は1人で逃げる際にレイプされ、国連キャンプに着いてからもたびたびレイプされたという。そのうち1人は彼女をHIVウイルスに感染させた。「お腹の中にいる赤ちゃんが、私の唯一の家族となるでしょう」と、アヤックさんは話したという。

撮影者は、戦場カメラマンとして10年以上活動しているリンジー・アダリオさん。彼女自身も2011年、リビアでの取材中に性犯罪の被害にあっており、レイプ被害者の撮影には十分に配慮しているという。


■「戦争での性犯罪を終わらせることにつながる」擁護する意見も

この表紙を非難したのは、カリフォルニア大学の社会学者ゾイ・サムジーさんだ。彼女はTwitterに次のような投稿をした

TIME誌へ このとても搾取的な表紙について、たくさん質問があります。

アヤックがレイプ被害者で攻撃されやすい立場なら、なぜほとんど裸の写真を表紙にしたのですか?

あなた方は、ボスニア紛争で組織的にレイプされた女性に対しても同じことをしたのでしょうか?(以下略)

こうした声の一方でTIMEの表紙を擁護する意見もある。

「ナショナルジオグラフィック」誌の写真家パトリック・ウィッティさんはTwitterで、「地獄のような表紙は、戦争での性犯罪を終わらせることにつながるだろう」とコメントした。

国際教育の専門家のイマニ・クロフォードさんも、このコメントに「賛成です。とてもパワフルな表紙写真。遠い国の多くの女性にとって本当に恐ろしい現実です」と返信している


■少女の意思は?

表紙の写真は、被写体となったアヤックさんの了解を得て撮影したものだったのだろうか。撮影したアダリオさんは、TIMEの記事で以下のように説明している。

「アヤックには数時間をかけて、世界中の数千人もの人々に彼女の写真が見られることなどを説明しました。彼女はとても思慮深く、はっきりとしていました。彼女は南スーダンで受けた恐怖や、妊娠に至った性的被害を受けたにも関わらず、赤ちゃんが生まれることにとても興奮していました」

【関連記事】

▼クリックすると画像集が開きます▼

Close
南スーダン
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

他のサイトの関連記事

南スーダン共和国 | 外務省 - Ministry of Foreign Affairs of Japan

南スーダン共和国(みなみすーだんきょうわこく)とは - コトバンク

国連 南スーダンは世界最悪レベルの人権状況

国連、南スーダン軍の残虐行為を非難 住民殺害や強姦

国連の副人道調整官、日本への期待を表明

南スーダンの国連施設で武力衝突、18人死亡

2月の南スーダン避難民キャンプ襲撃、国連が報告書 死者25人に