NEWS

カシオペア、最大2時間遅れ 「車内に不審物」正体はボイスレコーダーだった

2016年03月20日 16時01分 JST | 更新 2016年03月20日 16時06分 JST

kasiopea

上野駅には廃止となる寝台特急の姿を目に焼き付けようと、約2000人の鉄道ファンが駆けつけた。

北海道と本州を結んでいた豪華寝台特急「カシオペア」の下り最終列車が3月19日、JR上野駅を出発した。

26日の北海道新幹線開業に伴い、カシオペアの機関車が青函トンネルを走れなくなることから、1999年の登場以来、17年の運行に幕を下ろす。朝日新聞デジタルによると、上野駅のホームでは約2000人のファンが出発を見送った。発車すると「ありがとう」との声も上がったという。

しかし、上野駅を出発後、「車内に不審物がある」という情報がJR東日本に寄せられた。宇都宮駅と、黒磯駅、郡山駅に停車して車内を点検したため、郡山駅の出発は約2時間遅れた

voice recorder

写真はイメージ

しかし、不審物と思われたものは、ボイスレコーダーだったという。列車の走る音を録音するために乗客が置いたとみられる。宇都宮駅で安全確認をした警察の情報としてNHKが伝えた。

カシオペアは、途中駅の停車時間を短くするなどして、20日午前11時24分、約10分遅れで札幌駅に到着したという

鉄道ファンには、列車の走行音や警笛、駅の発車メロディーなどを聞いたり、録音したりして楽しむ「音鉄」「録り鉄」というジャンルがある。

▼関連スライドショー(写真をクリック)▼

日本の豪華寝台列車



ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています