Huffpost Japan

レスキュー犬との出会いが、余命5年の男性の人生を180度変えた(動画)

投稿日: 更新:
印刷

エリック・オグリーが、あと5年しか生きられないだろうと言われたのは、2010年のことだった。

2型糖尿病で、体重は154キロあった。投薬治療に1カ月1000ドル以上かかっていた。彼は世間と交わらず引きこもり、動物愛護協会シリコン・バレーが制作したビデオで「本当に人付き合いが辛くなった」と話している。まさに「生きるのをやめたところだった」。

ある日、オグリーが飛行機に乗ろうとしたが、座席のシートベルトを締めることができず、フライトが遅延した。オグリーは「変わろう」と決意した。ピーティーという「肥満で、中年の」レスキュー犬と一緒に。この犬は飼い主に面倒を見てもらえず、裏庭にひとりぼっちで放置されていた。

「ピーティーの過去は、まるで当時の私と一緒でした。友達も知り合いもいなかったけど、立派な犬になりました」

ピーティーと毎日散歩し、栄養改善したおかげで、オグリーは63キロの減量に成功した。

「私は無条件でピーティーを愛し、ピーティーは私にとにかく尽くしてくれました」とオグリーは話す。「まるで私が地球上で最も偉大な人物のように、ピーティーは私を見てくれました。ピーティーが思ってくれるような人物になりたい、と私は決心しました」

不幸なことに、 ピーティーはその後、がんで亡くなってしまったが、オグリーはジェイクという名の別の犬を飼い始め、一緒にハーフマラソンを走っている。しかし、オグリーは、ピーティーに一生感謝を忘れない。

「ピーティーのおかげで、私は毎朝、目が覚めると、いい人間になろうと思うようになりました。私は今も考えています。誰が誰を救ったのでしょうか? 私がピーティーを救ったのでしょうか、それともピーティーが私を救ったのでしょうか?」

動物愛護協会シリコンバレーの相互レスキュープログラムは、レスキューアニマルが人間の生活に好影響を与えるとアピールしている。

相互レスキューは、動物福祉への考え方を変えるのが目標の取り組みです。人と動物がふれあうことで、地元の動物保護施設を支援することが、動物の生活だけでなく、人間の生活をも変えているということを実証しようとしています。レスキューが一方向のみに向けられたものではないことの証でもあります。

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

▼写真をクリックするとスライドショーが開きます▼

Close
「犬と人の感動的な出会い」
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド



【関連記事】
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

2015-04-13-1428914872-4591641-gengo.png

他のサイトの関連記事

NPOのレスキュー雑種犬 フィリピンやネパールでも救助作業

広島のNPO、救助犬派遣を検討 在阪弁事処「8棟倒壊」

レスキュー協と救助犬出動協定 /山梨