Huffpost Japan

「なぜか"不適切な画像"に見えてしまう」 世界最大の航空機に戸惑う声が続出

投稿日: 更新:
印刷

イギリス南東部のショートスタウンで3月21日、「世界最大の航空機」とされるエアランダー10が公開された。AFP通信などが伝えた。

同機は、飛行船とヘリコプターと飛行機を組み合わせた航空機で、アメリカ軍のプロジェクトとして建造されたが、防衛費の削減に伴って運航が停止されていたという。今回、クラウドソーシングの資金調達で復活し、イギリス政府も出資した

開発を担ったハイブリッド・エア・ビークルズによると、全長は92m。胴体は炭素繊維製で、ヘリウムガスで浮上する。325馬力のV8ディーゼルエンジンを4基搭載し、時速148キロでの巡航が可能。最高到達高度は最高6100メートル、5日間の連続飛行もできるという。

その独特な形状について、Twitterでは「なぜか“不適切な画像”に見えてしまう」「角度的に際どいとこない?私の心が汚れているからかな」などと戸惑う声が続出している。