【子供2人以上出産】中学校長、退職へ 「今でも間違っていないと考えている」

投稿日: 更新:
TEACHER JAPAN
(写真はイメージです) | Andrea Chu via Getty Images
印刷

全校集会で「女性にとって最も大切なことは子供を2人以上産むこと」と発言した大阪市立茨田北中(鶴見区)の寺井寿男校長(61)について、大阪市教委は寺井校長を3月末で退職させる方針を固めたと、毎日新聞が報じた。

校長は2月末、全校集会で「女性にとって最も大切なことは子供を2人以上産むこと」「これは仕事でキャリアを積むこと以上に価値があります」などと発言し、波紋を呼んだ。また3月には、校長が休日に私物の旭日旗を校門に掲げていたことが発覚し、文部科学省が「取り締まる法律はないが、誤解を招く行為は慎むべきだ」と指摘していた

校長は2015年度3月末に定年退職を迎えたが、1年間の任期で再任用された。来年度も再任用の継続を希望していたが、「市民らからの電話対応などで教員らが忙殺され、業務を停滞させた責任を感じた」などとして、後に大阪市教委に進退伺を提出した。一連の発言については「今でも間違っていないと考えている」とコメントした

大阪市教委では懲戒処分も検討しているが、「過去の事例などに照らすと難しい」との声が内部で出ており、見送られる公算が大きいという。

他のサイトの関連記事

「2人以上出産」発言、退職へ 市教委方針

「引くわ」「僕らに言われても」 校長のあの発言に生徒

校門に「旭日旗」掲げていた…実は私物、平日は校長室に飾る 市教委の指示で撤去