Huffpost Japan

「巫女のくせに」発言、大西英男議員が謝罪 自民党内から批判相次ぐ(コメント全文)

投稿日: 更新:
印刷

「巫女さんのくせになんだ」と発言して「女性蔑視」と批判を受けていた自民党の大西英男・衆院議員(東京16区)は3月25日、謝罪コメントを発表した。

【このたびの私の発言について】
このたびは、私の発言でお騒がせし、申し訳ございません。
軽率な発言であったことを謝罪するとともに、関係者の皆様にお詫び申し上げます。
今後は、発言、行動により一層の注意を払い、議員として活動してまいります。
平成28年3月25日
衆議院議員    大西 英男

大西氏は3月24日に、所属する細田派の会合で、衆院北海道5区補選の応援で現地入りしたときの体験談を披露。地元の神社の巫女から「自民はあまり好きじゃない」と言われ「おい、巫女さんのくせになんだと思った」と発言した。「巫女さんを誘って、札幌の夜、説得しようと思った」とも述べていた

毎日新聞によると、自民党の谷垣禎一幹事長は25日の記者会見で、以下のように批判した。

あまり好きじゃないからけしからん、というのは国会議員の立場としていかがか。

稲田朋美政調会長も、以下のように不快感を示したと、産経ニュースが伝えている。

理解できない発言だ。政治家が公の場で発言するときには、いいたいことが正確に伝わるように話すべきだ。

他のサイトの関連記事

政治自民 大西英男衆院議員の発言に批判相次ぐ

自民・大西氏が女性蔑視? 「みこのくせに」

「大西氏発言は不適切」と谷垣氏/自民幹事長が批判