Huffpost Japan

「助けて」公衆電話から110番。2年間行方不明だった15歳少女を保護

投稿日: 更新:
DENWA
保護された女子中学生が連絡に使ったとみられる公衆電話=3月27日午後、東京都中野区のJR東中野駅  | 時事通信社
印刷

2014年に行方不明となっていた埼玉県朝霞市の少女(15)が3月27日、東京都内で保護された。NHKニュースなどが報じた。東京・中野区の公衆電話から自ら「助けてほしい」と110番通報したという。

産経ニュースによると、この少女が行方不明となったのは2014年3月10日。この日の午後5時ごろ、自宅に帰宅した母親が少女の姿が見えないのに気付き、埼玉県警に届け出た。自宅のドアポストに少女とみられる筆跡で「家も学校もちょっと休みたいです しばらく友達の家です さがさないで下さい」とメモ書きが残されていた。失踪当日の午後3時45分ごろには、自宅前で少女が10代ぐらいの男性と話しているところを近所の人が目撃していたという。

失踪当時、少女は中学1年生。携帯電話や財布も持たず、制服姿のままだった。埼玉県警は友人らに事情を聴くなど捜査していたが行方がつかめず、氏名や顔写真を公開して情報提供を呼びかけていたという。

毎日新聞によると、3月27日午後、少女はJR東中野駅付近の公衆電話から「助けてほしい」と110番通報した。警官が保護した際、少女は「一緒にいた男がいなくなった隙に電話をした」などと話しており、警察では男の行方を追っている。

【UPDATE】NHKニュースによると少女と一緒にいたのは、中野区に住む23歳の男で、27日は「秋葉原に行く」と話していたという。少女は失踪当時の状況について「知らない男に声をかけられて車に乗せられた」という趣旨の話をしており、「これまでずっと部屋に閉じ込められていたわけではなく、外出することもあったが、その際も男に監視されていた」と話しているという。(2016/03/27 19:26)

【関連記事】

他のサイトの関連記事

埼玉県朝霞市公式ホームページ トップページ