NEWS

BABYMETAL、日本人初のウェンブリー公演 1万2000人熱狂、全編英詞の曲も

2016年04月03日 14時22分 JST | 更新 2016年04月03日 14時22分 JST
Andrew Benge via Getty Images
LEEDS, ENGLAND - AUGUST 30: (L-R) Moametal, Su-metal and Yuimetal of Babymetal perform on the main stage during day 3 of Leeds Festival at Bramham Park on August 30, 2015 in Leeds, England. (Photo by Andrew Benge/Redferns)

oricon style

BABYMETAL、日本人初のウェンブリー公演 1万2000人熱狂

平均年齢16.7歳の3人組メタルダンスユニット・BABYMETALが2日(日本時間3日)、イギリス・SSEアリーナ・ウェンブリー(ウェンブリーアリーナ)で日本人初のワンマンライブ『BABYMETAL WORLD TOUR 2016 kicks off at THE SSE ARENA WEMBLEY!!』を開催した。前日1日に世界同時発売されたニューアルバム『METAL RESISTANCE』収録曲など全17曲を披露し、約1万2000人を熱狂させた。

1934年に建設された同所は、ザ・ビートルズ、ザ・ローリング・ストーンズ、ピンク・フロイド、U2、マドンナら数多くの著名アーティストがライブを行ってきた世界的にも有名なアリーナ。歴史的な公演とあり、日本では全国5都市のライブハウスでライブビューイングが行われ、7会場計1万2000人のファンが現地に向けてリアルタイムでエールを送った。

ライブでは、ニューアルバムから新曲「KARATE」「META!メタ太郎」をはじめ、海外のファンにもおなじみの「イジメ、ダメ、ゼッタイ」「ギミチョコ!!」「メギツネ」など全17曲をパフォーマンス。

終盤ではアルバムの海外盤限定で収録された全編英語詞の「THE ONE -English ver.-」を披露。センターステージに立ったメンバーが会場のファンと合唱を始めると、リアルタイムでライブビューイングをしている日本の会場の様子が画面に映し出され、英日合わせて約2万4000人の大合唱となり、感動を誘った。

このライブを皮切りに3度目となるワールドツアー『BABYMETAL WORLD TOUR 2016』をスタート。最終日の9月19日には、自身初となる東京ドーム公演が行われる。

【関連記事】