NEWS

錦織圭、マスターズ初優勝ならず ジョコビッチに敗れる

2016年04月03日 20時55分 JST | 更新 2016年04月03日 20時55分 JST
Miami Herald via Getty Images
Japan's Kei Nishikori returns a shot against Serbia's Novak Djokovic in the finals of the Miami Open on Sunday, April 3, 2016, at Cradon Park Tennis Center in Key Biscayne, Fla. Djokovic won, 6-3, 6-3. (Carl Juste/Miami Herald/TNS via Getty Images)

テニス男子で4大大会に次ぐ格付けの「マスターズ」大会のうち、4月3日(日本時間4日)アメリカ・フロリダ州のマイアミ大会のシングルス決勝で、錦織圭は世界王者、セルビアのノバク・ジョコビッチに敗れて準優勝となり、日本選手初のマスターズ優勝を逃した。毎日新聞などが報じた。

錦織は第1セットでジョコビッチの深いストロークに苦戦した。第2セットでもジョコビッチの正確なプレーの前に主導権を奪い返せなかった。NHKニュースは、試合の展開を以下のように報じている。

錦織選手は第1セット、持ち味の早い展開のラリーで主導権を握り、相手のサービスゲームの第1ゲームをブレークしましたが、続く自分のサービスゲームを奪われてすぐに追いつかれました。その後も、第1サーブの確率に苦しんだうえ、ジョコビッチ選手の深いストロークに対して十分に踏み込んで打つことができず、第6ゲームと第8ゲームでブレークされ、3-6でこのセットを落としました。

第2セットも最初のゲームをブレークされた錦織選手は、その後、粘りましたが、コートを広く使ったジョコビッチ選手の正確なプレーの前に主導権を奪い返せず、3-6で落とし、セットカウント0対2のストレートで敗れ準優勝となりました。

錦織圭 マスターズ大会初優勝ならず | NHKニュース 2016/04/04)

日刊スポーツによると、錦織は直後の表彰式では悔しそうに「次のマスターズでは勝ちたい」と話したという。これで錦織はジョコビッチに6連敗。対戦成績は錦織の2勝7敗となった。