NEWS
2016年04月04日 22時42分 JST

田母神俊雄氏、現金配布を認める 「2000万円配ると報告受けた」

TOSHIFUMI KITAMURA via Getty Images
Toshio Tamogami, former air defence forces chief of staff, delivers a speech announcing his candidacy for governor elections in Tokyo on January 7, 2014. Tamogami, who was sacked as air defence forces chief of staff in 2008 after denying Japan was an aggressor in World War II, announced his candidacy for the February 9 gubernatorial election in Tokyo after the resignation of the previous incumbent over a money scandal. AFP PHOTO / TOSHIFUMI KITAMURA (Photo credit should read TOSHIFUMI KITAMURA/AFP/Getty Images)

2014年2月の東京都知事選で落選した元航空幕僚長、田母神俊雄氏(67)の資金管理団体の収入の一部が使途不明となっている問題で、田母神氏は東京地検特捜部の任意の事情聴取に対し「陣営の元幹部から選挙で世話になった人に合わせて2000万円を配ると報告を受けた」などと説明した。4月4日、NHKニュースなどが報じた。

公職選挙法は運動員に金品を贈ることを原則として禁じており、同法違反(買収)にあたる可能性があるが、田母神氏は「法に触れるという認識はなかった」と報道各社に説明している。朝日新聞デジタルでは次のように伝えた。

田母神氏の説明によると、2014年2月の東京都知事選で落選した約1カ月後、選挙対策本部で事務局長を務めた男性から「選挙の慰労として計2千万円を配ろうと思う」と相談を受けた。田母神氏はいったん「わかった」と了承したうえで、金額が多いと考え直し、「やはり賛同しかねる」と答えたという。

だが、その約10日後、現金を受け取った1人から「ありがとうございました」と伝えられた。その時点で現金が配布されたことを知ったが、「当時はそれが法に触れるという認識はなかった」という。

田母神氏、現金配布認める 知事選後「陣営が運動員に」:朝日新聞デジタル 2016/04/05)

東京地検特捜部は3月7日、田母神氏の政治資金の一部が私的に使われた疑いがあるとして、業務上横領容疑で田母神氏の自宅や関連事務所などを家宅捜索していた