NEWS

「皆さんの会社は採用ミス」新入社員に厳しい叱責、過酷な研修に波紋広がる

2016年04月05日 16時00分 JST | 更新 2016年04月05日 16時27分 JST
MIXA via Getty Images
Saitama, Japan

新入社員に向けて「皆さんの会社は、採用ミス」と厳しい叱責を飛ばす研修の模様がテレビ番組で紹介され、波紋が広がっている。

朝の情報番組「あさチャン」(TBS系)が4月5日、企業の新人研修の取り組みを紹介。最近は新人研修を専門の会社に依頼するケース増えている」と説明した上で、株式会社心の代表取締役社長・足立裕志氏が請け負った12社合同の新人研修の様子を伝えた。

足立氏は研修初日、入社した会社の社長の名前や理念などを問う「会社テスト」なるものを実施。ほとんどの新入社員が回答できなかったことがわかると、「会社のことわかりません、社長わかりません、結構いたぞ。社長がわからないって。大丈夫か君ら。代表者、誰かわからないんでしょ。皆さんの会社は、一言で言ったら採用ミス」と新入社員たちを叱責。そのあまりの厳しさに、泣き出してしまった女性社員の様子も放映された。

足立氏は「本気で仕事しないというのはすごく残念に思っている企業さんが多いので、本気で仕事をする、そして世の中に貢献していくことを学んでいただきたい。彼らの常識じゃ立ち向か っていけないような何かにチャレンジしていただくことが必要」と同番組内でコメントした。  

■過酷な新人研修、なぜ?

公益財団法人・日本生産性本部と一般社団法人・日本経済青年協議会が実施した新入社員の意識調査によると「収入がよくなくても、やりがいのある仕事をしたい」と答えた新入社員は、2014年度の62.9%から2015年度は57.8%に低下。また「面白い仕事であれば、収入が少なくても構わない」と答えた新入社員は、2015年度は前年度の54.9%から51.5%に低下していることから、両法人は「職場や仕事へのコミットメントの低下傾向が見られる」と分析した。

TBSの牧嶋博子解説室長はこの日の番組で、「高度経済成長期には『サラリーマンは気楽な稼業ときたもんだ』というぐらい、会社に入れば一生安泰という時代があったが、今は社会情勢が厳しい」と指摘。「新入社員も即戦力として期待されている」「辞める人も多いので、辞めないで(会社に)残る根性を身につけてほしいのでは」と分析した。

■ネットの反応は?

番組が放送されると、Twitter上では「人権侵害じゃん」「社員の士気を上げるのは賃金と休暇」「採用ミスなら、研修する相手が違うと思う」など、厳しい研修内容を批判する声があがっている。また「大切な人材の大事な時期を他人に預けるのは怖い」「本当のミスは、このような企業を研修を依頼したこと」など企業側の責任を問う声もあった。

ハフポスト日本版は株式会社心に電話取材を申し込んだが、「担当者は現在外出中です」とのことだった。